知恵袋のような質問・口コミ投稿サイト 外壁塗装の知恵ノートTOP > 知識ノート > クリアー塗装ってどんなもの?メリット・デメリットなど徹底解説!

クリアー塗装ってどんなもの?メリット・デメリットなど徹底解説!


「そろそろ家の外壁塗装をしないといけない時期だな」
「でも、今の色合いやテイストと変えたくないのだけれど」

と思っている方も多くいらっしゃると思います。
そんな今ある外壁のデザインそのままで外壁を強く保護する方法があるのを知っていますか?

それがクリア―塗装です。

クリアー塗装と聞いてもあまりピンとこない方が多いと思いますので、ここではクリアー塗装をするときの条件や、メリット、デメリットなど詳細に説明していきますので最後までお付き合いくださると幸いです。

それでは、ここから一緒に見ていきましょう。

外壁塗装に関する質問を気軽にしてみよう!【登録不要!】

当サイトでは外壁塗装に関する質問を受け付けています。
登録不要ですので、お気軽にご質問ください(^^)

クリアー塗装とは?

クリアー塗装とは、一言でいうと透明な塗料を使用して外壁塗装工事をする塗装方法のことです。

業者によっては、クリヤー塗装と呼ぶところもありますが、同じものです。

一般的な外壁塗装に使用されている塗料は、合成樹脂や添加剤、塗料の色の素である顔料が入っているのですが、クリアー塗装に使用される塗料は合成樹脂や添加剤だけで顔料が入っていないのです。

そのゆえ、無色透明な塗料なのです。

無色透明の塗料を使うので、あなたの家の外壁の色合いやデザインそのままに保護をすることができます。

クリアー塗装に使用される塗料は無色透明ですが、ツヤが出るものと出ないものがあり、好みによって選ぶことができます。

現状の色合いやデザインを変えることなく外壁の保護ができるクリアー塗装は、2色以上のサイディングを組み合わせている外壁や、レンガ調のサイディングなどに適しています。

クリアー塗料のメリット

外壁のデザインを変えずに表面を保護できるという点以外にもクリアー塗料にはメリットがありますので、紹介していきます。

外壁にツヤを出す

クリアー塗料でサイディングボードの外壁や屋根を塗装すると、明るくツヤのある保護膜を作成することができます。

ツヤのある外壁や屋根は美観がよく新しく見え、汚れがつきにくくなります。

チョーキング現象が発生しない

まずチョーキング現象とは、塗膜の表面に白い粉が発生してしまう劣化現象のことで触ると手にチョークを持ったときのような白い粉が付着します。

外壁にチョーキング現象が起こる主な原因が、塗料に含まれる顔料で、塗料の分子同士の結合力が失われてくると、顔料のチョークの粉のように白い粉となり外壁表面に表れてしまいます。

その顔料がクリアー塗料には含まれていないので、チョーキング現象が起こりません。

しかし、チョーキング現象は外壁の劣化を簡単に確認できるサインとしても見れるので、クリアー塗料で塗装するのなら、塗装後の定期メンテナンスが大切になってきます。

クリアー塗料は塗装回数が少ない

クリアー塗料の塗装を行うまでの準備は他の塗料と同じなのですが、クリアー塗料は塗料を外壁や屋根に塗る回数が色のある塗料よりも少ない回数で済むという特徴があります。

色のついた塗料を塗装する場合、基本的には下塗り→中塗り→上塗りの3度塗りで行われるのですが、クリアー塗料は計2回の塗装で完了ということが多いです。

クリアー塗装はどんな外壁にも施工できるの?

クリアー塗装は、デザイン性を変えずに塗装できる画期的な方法ですが、どんな外壁にも施工できるわけではないのです。

クリアー塗装を考えている場合は、依頼する業者にお住まいの外壁にクリアー塗装ができるのかを確認してもらう必要があります。

クリアー塗装ができない外壁

どのような外壁がクリアー塗装を施工できないのかを見ていきましょう。

【劣化が酷い外壁】
お住まいの外壁にひび割れが発生している場合、クリアー塗装は基本的におすすめしません。

なぜなら、色のある塗料でひび割れのある外壁を塗る場合は、ひび割れ部分にシーリング材を使用して補修した後、上から色で塗りつぶせるので補修跡は見えなくなるのですが、クリアー塗装は透明なので補修部分を隠すことができなく見た目が悪くなってしまうからです。

あともう1つ、外壁にチョーキング現象が発生している外壁にクリアー塗装をすると、白くぼんやりとした出来上がりになってしまう可能性があるので、クリアー塗装ができないと判断されることがあります。

【コーティングされている外壁】
クリアー塗装はサイディングというパネル状の外壁材を貼り付けて出来ている外壁に最適なのですが、サイディングには光触媒やフッ素などのコーティングが既に施されているものがあります。

コーティングがされている外壁材にクリアー塗装をしても、うまく外壁と密着せずにすぐに剥がれてしまう原因になります。

せっかくクリアー塗装を施してもすぐに剥がれてしまっては意味がありませんので、コーティングされているサイディングにはクリアー塗装をしないと判断されることがあります。

お住まいの外壁の現状がコーティングされているかどうかは、業者でないと判別が難しいので、必ず業者に確認してもらうようにしてください。

クリアー塗装は業者選びが重要

あなたのお住まいをクリアー塗装したいと考えたときに重要になってくるのは、業者選びだと断言しても言い過ぎではないでしょう。

外壁の塗装工事は決して安いものではありませんので、失敗は出来るだけ避けたいですよね。

では、どういう業者に依頼すべきなのか?
これからそれを一緒に見ていきましょう。

入念な現地調査をする業者

これまでに記したようにクリアー塗装はどんな外壁にも施せるものではありません。

そのため、クリアー塗装ができる外壁なのか、できる状態なのかを見分けることのできる業者に依頼しないといけません。

できる理由、できない理由を詳しく説明してくれて、的確なアドバイスをしてくれる業者ならば安心して依頼してもいいのかもしれません。

地域密着型の業者

地域密着型の業者ならば、工事が完了したあとにもし何か問題が発生したとしてもすぐに対応してくれる可能性が高いです。

トラブルがなかったとしても、長く付き合っていける業者としてすぐ側にいてくれるのは安心できます。

地域の気候などの特徴も把握している場合があるので適切な工事をしてもらえるメリットもあります。

アフターフォローの有無など何か気になることがあれば相談してから判断してみるのもいいのかもしれません。

まとめ:状態を把握して適切なクリアー塗装を

クリアー塗装は、外壁にキレイなツヤを発生させて、親水性や紫外線カットなどの効果で外壁を強力に守ることができるので、デザインや色合いを変更したくない方からは人気の塗料です。

けれど、外壁によってはクリアー塗料が使用できない種類や状態であったりクリアー塗料と相性が悪い場合もあるので、もしもクリアー塗装を考えているのなら信頼できる業者に調査を依頼して施工できるかどうか確認するようにしてくださいね。

外壁塗装に関する質問を気軽にしてみよう!【登録不要!】

当サイトでは外壁塗装に関する質問を受け付けています。
登録不要ですので、お気軽にご質問ください(^^)

関連コラム

外壁塗装の質問・相談をしてみる

アクセスランキング

  1. 1
    10
    回答
    1
    16536人
  2. 2
    10
    回答
    0
    7423人
  3. 3
    10
    回答
    2
    7170人
  4. 4
    2
    回答
    3
    5692人
  5. 5
    10
    回答
    3
    5420人
  6. 6
    7
    回答
    3
    5185人
  7. 7
    5
    回答
    6
    4745人
  8. 8
    10
    回答
    3
    4487人
  9. 9
    3
    回答
    4
    4330人
  10. 10
    2
    回答
    1
    3750人

新着の質問一覧

  1. NEW
    0
    回答
    0
    0人
  2. NEW
    0
    回答
    0
    0人
  3. NEW
    0
    回答
    0
    5人
  4. NEW
    0
    回答
    0
    2人
  5. NEW
    1
    回答
    0
    5人
  6. NEW
    0
    回答
    0
    3人
  7. NEW
    0
    回答
    0
    0人
  8. NEW
    0
    回答
    0
    2人
  9. NEW
    0
    回答
    0
    0人
  10. NEW
    0
    回答
    0
    3人

外壁塗装の豆知識

新着の質問
新着の質問

FACEBOOK
当サイトのfacebookページ

質問・相談する