憧れのルーフバルコニーは大変?メンテナンス費用やメリット・デメリットは?

この記事の監修者

佐伯 明彦 (株式会社ソラ SOLA)

所有資格外壁診断士

外壁施工において構造性能や耐火耐久性能など外壁塗装をお考えの方に対して アドバイスをおこなっております。


愛する我が家の屋根部分をリフォームして、憧れのルーフバルコニーや屋上テラスを新しく設置したいと考えている方も少なくないでしょう。

庭とはまた違った感覚を味わえる空間であり、さまざまなことに使えるので楽しみが増えること間違いなしです。

そんなルーフバルコニーですが、メンテナンスの費用やメリット・デメリットについては知らない方も多いと思いますので、ここでまとめていきたいと思います。

ルーフバルコニーの設置を検討中のあなたには、参考になることがあると思いますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

ルーフバルコニー(屋上テラス)設置の価格

ルーフバルコニーや屋上テラスの設置費用相場は、1㎡あたり10~12万円とされており、小さめのものを設置するのであれば、約40~80万円になります。
ただし、費用は使用される素材やデザインによって変わってきます。

さらに、バルコニーに階段を設置しようと考えている方は、追加で費用がかかることを覚えておきましょう。
内階段で70~80万円、外階段で20~30万円ほどといわれています。

ルーフバルコニーの魅力は、最大の特徴といっても過言ではない屋根がないことではないでしょうか。
屋根がないことで、ベランダにはない開放感を味わうことができます。

今でこそ技術が発達したことにより、ルーフバルコニーを設置するリフォーム工事が増えていますが、少し前までは、木造住宅の屋根にルーフバルコニーを設置する工事は技術的に難しいものでした。

しかし、工事が複雑で、一般的なものより手間がかかるものも多く、相場よりも費用が高くなる場合もあります。

そのため、不安な方は、リフォーム業者に内訳を確認するようにしましょう。

ルーフバルコニーとバルコニー・ベランダの違い

まずは、バルコニーとベランダの共通点から説明します。
それは、ともに2階以上の高さに設置されているところです。
2階以上の高さに設置されていれば、呼び方は変わりません。

違う点は、少し先述しましたが、屋根の有無です。
屋根があるものはベランダ、ないものをバルコニーと呼びます。

ルーフバルコニーが持つ2つのメリット

ルーフバルコニーには、主なメリットが2つあります。

それは、「いろいろな活用ができる」「子供やペットが遊ぶスペースになる」

この2つのメリットについて、それぞれ詳しく説明していきます。

1.家事や趣味にも役立つスペースに

使えるはずではなかった屋根のスペースをルーフバルコニーにすることで、広大なスペース生まれ、さまざまなことに活用できるようになります。

新たなスペースができた分、洗濯物や布団を干すといった家事を少ないストレスでこなすことができます。

他にもバーベキューやガーデニングなど、趣味にも活用することができるので、楽しみが増えることでしょう。

さらに、ソファやベンチなどを設置して優雅にくつろげるスペースをつくり、そこで読書を楽しんだりするのもおすすめです。

中には、お風呂を設置して露天風呂を楽しむ方もいると聞いたことがあります。

2.子供やペットが安心して遊べる空間に

小さなお子さんがいらっしゃる家庭で、近くに遊べる公園などがない場合に、安心してのびのびと遊べるスペースとして役立ちます。

犬など、ペットを飼われている方は、小さめかもしれませんが、ドッグランのスペースとしても活用できるメリットがあります。

ルーフバルコニーが持つ8つのデメリット

先ほど、ルーフバルコニーが持つメリットについて、説明させていただきましたが、ここからは考慮しておくべきポイントの説明をします。

主に8つありますので、チェックしていきましょう。

1.建築基準法や積載重量を確認しよう

ルーフバルコニーの設置を検討しているのなら、建築基準法の確認を怠らないようにしましょう。

建築基準法では住宅の建ぺい率や容積率などが細かく規定されています。

工事規模、面積、高さによっては、建築基準法違反になってしまう可能性があるので、業者によく確認してもらうことをおすすめします。

また、ルーフバルコニーには積載量に限りがあります。
そのため、事前に施工会社にルーフバルコニーをどのような用途で使うのか伝えておき、積載量を守るようにしてください。

2.下の階に断熱と騒音対策を

ルーフバルコニーや屋上テラスを設置する際は、下の階の断熱対策と騒音対策を忘れないようにしましょう。

特にバルコニーの真下の部屋の壁や天井には、断熱材などを施工することをおすすめします。

なぜなら、バルコニーが外気温の影響を大きく受けるため、その真下の部屋もまた、夏は暑く、冬は寒くなってしまうからです。

また、バルコニーの上を歩く音や雨音が下の階にいる人にとって騒音となる可能性があります。

そのため、バルコニーの床の下地には防音性の優れた素材を採用しましょう。

どちらの問題も、ルーフバルコニーの設置経験豊富な業者に任せれば、適切に対応してくれることでしょう。

3.人工芝、タイル、ウッドパネルはバルコニーの床に不向き

よくルーフバルコニーの床材に、人工芝やタイル、ウッドパネルを選ぶ方がいらっしゃるのですが、実はどれも向いていません。

なぜなら、これらの床材は床下の排水や防水状態の確認がしづらいからです。

とくに、人工芝はゴミなどがたまりやすく、水はけも悪いため、施工後に後悔している方も少なくないと聞きます。

その他メンテナンスのしやすさなども考慮のうえ、業者と相談しながら床材を決めることをおすすめします。

4.目隠し・転落防止のフェンスは必須

ルーフバルコニーには転落防止のためのフェンスの設置が必須です。
とくに小さなお子さんがいらっしゃる家庭は、気をつけてくださいね。

設置の際には近所から目隠しになるデザインのものをおすすめします。

目隠しといっても、完全に視界を遮るものではなく、格子型のような風通しや採光性の高いものを選び、ルーフバルコニーのメリットである解放感を損なわないようにしましょう。

また、強風に飛ばされにくいタイプのフェンスを選ぶことも重要なポイントです。

5.水道・室外用コンセントがあると便利

ルーフバルコニーに水道と室外用コンセントを設置しておくと、とても便利です。
掃除、お子さんのプール、ガーデンニングと幅広い場面で活躍してくれるはずです。

室外コンセントも、ホットプレートを持ち込んで食事を外で楽しんだりできるので、おすすめです。

6.日差し対策に、日よけシートを設置

夏場の強い日差しには、日よけシートが便利です。
簡易的なタイプであれば、DIYでも設置ができるので検討してみてはいかがでしょうか。

7.雨漏り対策は業者に任せよう

屋根をバルコニーにすると、雨漏りしやすくなるのではと不安に感じる方もいると思います。

実際、雨漏りの危険性がないわけではありません。
素人での対策は難しいですが、ルーフバルコニーの設置に長けた業者なら、雨漏り対策についても熟知しています。
そのため、業者探しは念入りにおこないましょう。

8.防水・メンテナンスは5~10年に1度

ルーフバルコニーは、定期的な防水リフォームが必須です。
基本的に、5~10年に1度の頻度、長くても15年くらいを目安に、トップコートの塗り替えや防水対策をおこなうようにしましょう。

それにより、雨漏り発生の防止や美観を維持することができます。

ルーフバルコニー設置前に確認すべきこと

ルーフバルコニーを設置する前に確認しておくべきことが2つあります。

それは、「ルーフバルコニーの性能」と「保証の内容」です。
それぞれ詳しく説明していきますので、いっしょに見ていきましょう。

ルーフバルコニーが備えている性能

ルーフバルコニーに、どんな性能があるのかを確認しておくことをおすすめします。
防水性、耐火性、防カビ性、防藻性など、お住まいの地域に適した性能があると安心できると思います。

保証内容

メーカー保証の有無、施工業者の保証内容、ともに確認するようにしましょう。

値段の安いルーフバルコニーを施工したら、保証がないこともあります。
費用はできるだけ抑えたいでしょうが、安全のためにもメーカー保証、業者の保証を確認しておきましょう。

まとめ

ルーフバルコニーについて、さまざまな観点からまとめてきました。
設置することで、さまざまなことに活用ができ、生活の幅が広がる空間ができます。

メンテナンスやデメリットなどを考慮して、あなただけの素晴らしい空間を手に入れてください。

関連コラム

外壁塗装の質問・相談をしてみる

アクセスランキング

  1. 1
    10
    回答
    12
    15684人
  2. 2
    5
    回答
    12
    15228人
  3. 3
    2
    回答
    8
    15120人
  4. 4
    2
    回答
    6
    13970人
  5. 5
    10
    回答
    6
    10626人
  6. 6
    5
    回答
    6
    10042人
  7. 7
    5
    回答
    4
    9938人
  8. 8
    10
    回答
    2
    9246人
  9. 9
    3
    回答
    3
    8586人
  10. 10
    2
    回答
    9
    8349人

新着の質問一覧

  1. NEW
    0
    回答
    0
    5人
  2. NEW
    0
    回答
    0
    6人
  3. NEW
    0
    回答
    0
    6人
  4. NEW
    0
    回答
    0
    4人
  5. NEW
    0
    回答
    0
    4人
  6. NEW
    0
    回答
    0
    6人
  7. NEW
    0
    回答
    0
    5人
  8. NEW
    1
    回答
    0
    6人
  9. NEW
    0
    回答
    0
    6人
  10. NEW
    0
    回答
    0
    2人

外壁塗装の豆知識

新着の質問
新着の質問

FACEBOOK
当サイトのfacebookページ

質問・相談する