ブロック塀のメンテナンスや修理、忘れてないですか?

この記事の監修者

佐伯 明彦 (株式会社ソラ SOLA)

所有資格外壁診断士

外壁施工において構造性能や耐火耐久性能など外壁塗装をお考えの方に対して アドバイスをおこなっております。


家の中を見えづらくするため、家の敷地を区切るため、とさまざまな理由から設置されているブロック塀。
その多くが一度設置されるとそのままになっているケースが少なくありません。

劣化した状態のブロック塀が突然発生した大地震で崩れ落ちる可能性は常にあります。
そのため、ブロック塀をメンテナンスせずに放置しておくのは、非常に危険です。

そこで今回は、そんな何かと忘れられるブロック塀の劣化症状や修復方法などについて解説していきたいと思います。

最悪の場合、人の命を奪ってしまうおそれもあるので、この機会にしっかりとブロック塀について把握しておきましょう。

ブロック塀の劣化

基本的に、この世に存在するほとんどのものが経年劣化します。
ブロック塀もその例外ではなく、雨水などによって経年劣化をしていきます。

ブロック塀の耐用年数は約30年といわれており、30年前くらいに建てられた家のブロック塀はメンテナンスの必要があります。

30年経過するまでもなく、目に見えてひび割れなどが発生しているのならば、一度専門業者に調査してもらうことをおすすめします。

ブロック塀の劣化の流れ

ここからは、ブロック塀の劣化の流れを見ていきましょう。

まずは第一段階として、「ブロックの劣化」「モルタルと炭酸ガスの反応である中性化による劣化」「目地のひび割れ」などが発生します。

そして、第二段階は「ブロック塀の内部に水が入り込み、鉄筋にサビが見られる」という症状がでてきます。

さらに第三段階では、「鉄筋のサビが進行して、表面にひび割れが発生する」

最後の第四段階は、「ブロック塀の表面が剥がれる」「サビ汁によって表面に汚れが発生する」といった症状がでます。

第一段階までは、まだ軽い症状といえるのですが、だからといって放置してしまうと第四段階まで進行してしまうおそれがあることを覚えておいてくださいね。

ブロック塀の放置は危険

ここまでブロック塀の劣化の流れを紹介しましたが、中でも特にひび割れについては症状が軽いといっても安心はできませんと安心してはいけません。

なぜなら、突然の地震によって崩壊してしまう可能性があるからです。

地震が多く発生する日本では、大きな地震がいつ襲ってくるかわからないため、ひび割れなどの劣化が見られたら早急な対応をおすすめします。

ブロック塀の劣化と対処法

ここからはブロック塀に発生するさまざまな劣化とその対処法を紹介していきます。

コケやカビなどの汚れ

ブロック塀の表面にコケやカビが繁殖していると、中性化が進んでいるサインであり、ブロック塀が劣化しやすい状態ということです。

「対処法」
ブラシで擦るか高圧洗浄機で洗浄します。
市販の壁用カビ取り剤でも代用できることがあります。

白華現象

白華現象は、コンクリートやモルタルの表面に石灰分などの白い生成物が浮き出てくることです。
白華現象は、発生したからといってコンクリートの強度が低下しているわけではありませんが、見た目が悪くなります。

「対処法」
白華現象が発生した場合、ナイロン製のブラシなどで軽く擦り落としていきます。
落ちにくい場合は、水をかけてから酸性の液体を使用して中和させたあと、水洗いで落とすという方法があります。

ひび割れ

ブロック塀は地震や地盤沈下などの外部からの力に弱い特徴があり、これによりひび割れが発生することがほとんどです。

ひび割れは、割れ幅の大きさによって対処が変わるため、それぞれの対処法を把握しておきましょう。

1. ヘアークラック
幅が0.3mm以下・深さが約4mmのひび割れのことをいい、その名の通り髪の毛と同じくらいの細さということです。

比較的軽度で構造などには問題がないひび割れとされています。

「対処法」
ヘアークラックくらいならば、DIYでも対処可能なので、市販の補修材を使用して修復するか、業者に依頼する方法があります。

2. 幅が1mm以上のひび割れ
発生したひび割れの幅が1mm以上のものなら、放置しておくと雨水が浸入して内部の鉄筋を劣化させて、倒壊する可能性もあります。

「対処法」
幅が1mm以上のひび割れは、DIYで対処することが困難なため、業者に依頼して修復してもらいましょう。

ブロック塀の補強の重要性

もしもブロック塀が揺れているような状態ならば、中の鉄筋が劣化している可能性が高いです。

そのまま放置してしまうと、倒壊する危険があるので補強しましょう。

ブロック塀が倒壊し、歩行者や隣家の人にケガや負わせてしまった場合、塀の管理者または所有者が損害賠償責任を負う可能性があります。

他人でなくご自身やその家族にも危険がふりかかりますので、倒壊のおそれがある場合はすぐに対応しましょう。
自治体によっては補助金がでる場合もありますので、問い合わせてみることをおすすめします。

まとめ:ブロック塀には定期的なメンテナンスが必要不可欠

ブロック塀を良い状態で長く持たせるためには、日々のお手入れや定期的なメンテナンスが必要不可欠です。
そんなことを言われなくても当然だと思う方も多いと思いますが、日々ご自宅のブロック塀のことを考えることは難しく、どうしても忘れてしまうことが多いです。

何か異変や劣化に気づき、少しでも不安を抱いたのなら専門の業者に気軽に相談してみることをおすすめします。

関連コラム

外壁塗装の質問・相談をしてみる

アクセスランキング

  1. 1
    5
    回答
    12
    14510人
  2. 2
    2
    回答
    8
    14148人
  3. 3
    10
    回答
    12
    13971人
  4. 4
    2
    回答
    3
    13090人
  5. 5
    10
    回答
    6
    10446人
  6. 6
    5
    回答
    4
    9730人
  7. 7
    5
    回答
    6
    9665人
  8. 8
    10
    回答
    2
    9209人
  9. 9
    10
    回答
    0
    7982人
  10. 10
    2
    回答
    9
    7783人

新着の質問一覧

  1. NEW
    0
    回答
    0
    3人
  2. NEW
    0
    回答
    0
    2人
  3. NEW
    0
    回答
    0
    3人
  4. NEW
    0
    回答
    0
    2人
  5. NEW
    0
    回答
    0
    4人
  6. NEW
    0
    回答
    0
    3人
  7. NEW
    0
    回答
    0
    3人
  8. NEW
    0
    回答
    0
    5人
  9. NEW
    0
    回答
    0
    2人
  10. NEW
    0
    回答
    0
    3人

外壁塗装の豆知識

新着の質問
新着の質問

FACEBOOK
当サイトのfacebookページ

質問・相談する