外壁塗装で相見積もりをとったときの断り方を伝授!メールでもいいの?理由は話すべき?

この記事の監修者

佐伯 明彦 (株式会社ソラ SOLA)

所有資格外壁診断士

外壁施工において構造性能や耐火耐久性能など外壁塗装をお考えの方に対して アドバイスをおこなっております。


外壁塗装を業者に依頼するとき、納得のいく業者を見つけるためには「相見積もり」をとることが大切です。

一方で相見積もりをとると「選ばなかった業者にお断りを入れなければいけないのがストレス……」と感じてしまうこともあるでしょう。

そこで、カドの立たない上手な断り方をチェックしてみましょう。

外壁塗装へお断りをするときの方法とは?

塗装業者へ断りを入れるときには、なるべく電話など直接話せる環境で断りましょう。

メールなどで対応することも悪いわけではありませんが、文章にするとどうしても冷たい印象、悪い印象になりやすく、表現に悩んでしまうものです。

悩んでいるあいだも、塗装業者は返事を待っている状態です。

断る場合であれば尚のこと、断りの連絡は少しでも早めにしてあげることが、カドを立てないためのポイントとなるでしょう。

また、人の心理として直接話したときの方が納得しやすいというものがあります。

メールのように直接の連絡でないケースでは「費用面で不満だったのかな?」「施工日の調整ならできるんだけど……」など、業者側も色々と思いを巡らせてしまいます。

結果「きちんと話せば伝わるはずだ」と考え、改めて電話がかかってくることもあります。

それならば、はじめから電話をかけておく方がお互いに納得しやすいでしょう。

業者目線で「もっと伝え方を工夫すればうちに依頼してくれるはず」と思ってしまうような曖昧な断り方は、しつこい営業の引き金にもなりかねません。

塗装業者を断るときのポイント

塗装業者に断りの連絡を入れるとき、つい「申し訳ない」という気持ちが起こり、曖昧な表現をしてしまうこともあるでしょう。

「ちょっと考えてみます」と言って長い時間放置するなど、曖昧な状態が続くことはかえって失礼に当たります。

また「すごくいいと思ったんですが、費用面が条件に合わなくて」「家族が他の業者さんがいいと言って」というような表現にも注意しましょう。

これにより「費用を計算し直すから考え直して欲しい」「ぜひご主人とも一度お話させて欲しい」というような営業が始まる可能性もあります。

他の業者を利用することを決めているのに営業を受けるのは大変ですし、業者にも「問題をクリアしたら依頼がもらえるのでは」と期待させてしまいます。

気遣いのつもりで伝えた情報が誤解を招く可能性を考慮すると、断る理由をわざわざ伝える必要はないでしょう。

それよりも「今回は、見送らせてください」というように、はっきりと伝え、詳細は話さない方が印象が良くなります。

一方で「キッパリ断ると、感じが悪いのでは?」と不安に思うこともあるかもしれません。

その時は「また、なにかあったらご相談させてくださいね」というように、今後のお付き合いを想像させるような一言を添えましょう。

塗装業者を断るときにしてはいけないこと

都創業者にお断りの連絡を入れるというのは、人によっては大きなストレスにもなるでしょう。

だからと言って「断りの連絡もしないでおく」というのは、避けてください。

断らずに放置してしまうのは、時間を割いて見積もりを作成してくれた塗装業者に対して非常に失礼な行為です。

最低限のマナーとして、断るのならせめてこちらから断りの連絡を入れるようにしてください。

また、断り方にも注意が必要です。

たとえ本当に思ったことであっても、思ったことを正直に、そのまま伝えるのはおすすめできません。

「担当者の感じが悪かった」
「対応に不安があった」
「技術を信用できない」

このような理由は、断る理由としては正当です。

しかし、直接伝えてしまうとどうしてもカドが立ってしまいます。

そもそも理由を伝える必要はありませんから、本音を伝えるのではなく、あくまで「今回は断る」ということを最優先して伝えてください。

断る理由を聞かれてしまったときには?

塗装業者は多くのお客さんと付き合い、そのたび見積もりを出したり、断られたりしています。

そのため、大抵の場合は「今回は見送らせてください」と伝えれば、すんなり「わかりました」と理由を聞かず納得してくれるでしょう。

しかし、もし「なぜですか?」と理由を聞かれたときには困ってしまいますよね。

そのときにも、大切なのは「具体的なダメ出しをしない」ということです。

「家族で話し合ったのですが……」「色んな意見を聞きながら判断した結果……」というように、比較的抽象的な表現を選びましょう。


「家族のあいだで色んな意見があり、代表して自分が伝えている」という姿勢を見せることで、業者としても「目の前の人ひとりにしつこく理由を聞いても仕方ない」とわかります。

また、家族の意見が裏にあることによって「この場で営業をされても、家族に伝えないと判断できない」という姿勢を提示できます。

家族みんなの分を背負っているため意思の固さをしっかりアピールでき、業者も納得しやすくなるでしょう。

「トータル的に判断している」ということも、簡単に理由を明言できないことを伝えるポイントとなります。

しつこく理由を聞き、食い下がってくる業者には「家族間で何度も話し合い総合的に判断したため、理由は一言では言えません」と伝えてもいいかもしれません。

まとめ

断りの連絡というのは、心苦しくどうしても言葉にしにくいものですよね。

しかし、断りにくいからと言って曖昧な表現で濁したり、連絡をせずに放置したりすると相手に嫌な思いをさせてしまうでしょう。

見積もりを作成する時間を作ってくれたことへ感謝しつつ、きっぱりと断るほうが相手も納得できますので、ぜひ参考にしてください。

関連コラム

外壁塗装の質問・相談をしてみる

アクセスランキング

  1. 1
    3
    回答
    12
    20774人
  2. 2
    10
    回答
    14
    20586人
  3. 3
    5
    回答
    17
    19387人
  4. 4
    2
    回答
    9
    17017人
  5. 5
    2
    回答
    10
    15168人
  6. 6
    4
    回答
    8
    15073人
  7. 7
    5
    回答
    6
    12746人
  8. 8
    10
    回答
    6
    11295人
  9. 9
    5
    回答
    5
    11018人
  10. 10
    2
    回答
    10
    10214人

新着の質問一覧

  1. NEW
    0
    回答
    0
    107人
  2. NEW
    1
    回答
    0
    241人
  3. NEW
    1
    回答
    0
    278人
  4. NEW
    1
    回答
    0
    266人
  5. NEW
    1
    回答
    0
    215人
  6. NEW
    1
    回答
    0
    312人
  7. NEW
    1
    回答
    0
    300人
  8. NEW
    1
    回答
    0
    315人
  9. NEW
    1
    回答
    0
    279人
  10. NEW
    1
    回答
    0
    338人

外壁塗装を業者に依頼する前に

・家を建てて10年以上経過している
・飛び込みの営業がしつこい
・見積り金額が安いのか心配

など、外壁塗装をご検討されている方に便利な質問サイトです。

外壁・屋根リフォームは一般の素人には分からないことだらけ。いったい誰を信用していいのだろう。せっかくの工事だから絶対に後悔して失敗したくない。そんな方に利用して頂ければと思います。

外壁は家を守るだけでなく美観の上でも大事です。傷んでくると雨もりやカビなど発生し大変です。そうなる前に外壁の塗り替え工事を依頼するようにしましょう。

運営会社

株式会社ソラ
〒530-0005 大阪市北区中之島5-3-92-308
営業日:10:00~19:00  定休日:土日祝日
Mail:info@sola-inc.co.jp

外壁塗装の豆知識

新着の質問
新着の質問

FACEBOOK
当サイトのfacebookページ

質問・相談する