いま知りたい、ケレン作業の基礎知識と重要性

この記事の監修者

佐伯 明彦 (株式会社ソラ SOLA)

所有資格外壁診断士

外壁施工において構造性能や耐火耐久性能など外壁塗装をお考えの方に対して アドバイスをおこなっております。


外壁塗装を検討している際に、ケレン作業という言葉を聞いたことがある方は、少なくないと思います。

では、このケレン作業の役割や重要性について、理解している方はどれくらいいるのでしょうか。

ケレン作業とは、外壁塗装において塗料の性能を保持したり、住宅を劣化から防ぐための大切な工程のひとつで、ケレン作業について知っておくと、外壁塗装の際の失敗を避けることができます。

そこで今回は、ケレン作業の基礎知識や外壁塗装における重要性について詳しく説明していきたいと思います。

参考になることが見つかると思いますので、ぜひ最後までお付き合いください。

ケレン作業とは、どんな作業?

ケレン作業とは、外壁塗装の工程のひとつである下地処理のことをいいます。
外壁や屋根などに付着しているサビや古い塗装を除去していきます。

電動工具ディスクサンダーという円盤型のサンドペーパーを回転させて外壁を研磨したり、ケレン作業用のハンマーをつかって作業がおこなわれます。

なぜケレン作業をするのか?

ケレン作業をする理由は、大きく2つあります。

・下地の状態を整える
・塗料の密着度を上げる

下地の状態を整える

外壁塗装をする際に、外壁に異物が付着したまま塗装すると、塗料がうまく密着せずにすぐに剥がれてしまいます。

そのため、ケレン作業を行い、サビや汚れなどを除去して下地を整えてから塗装をします。

ケレン作業をすると外壁塗装の仕上がりがよくなり、剥がれなどの劣化症状の防止にもなります。
塗料の耐用年数を維持して家を守ることにつながるため、ケレン作業は外壁塗装には欠かせない作業のひとつなのです。

塗料の密着度を上げる

ケレン作業をすると外壁の表面が凸凹になります。
そうすることで、塗料の密着度が上がり外壁塗装の仕上がりがキレイになるのです。

表面がつるつるの方がキレイに仕上がるように思えますが、つるつるだと塗料が剥がれやすくなります。

そのため、ケレン作業で外壁を磨くことで、塗料が密着しやすい表面にします。

ケレン作業は、4種類ある

ケレン作業は、4種類の作業方法に分けることができます。
それぞれ1~4種といわれており、特徴があります。

1種

1種は、ブラスト法と呼ばれている方法でのケレン作業です。
ブラスト法は、金属片などが含まれている研磨剤を吹き付けて表面を研磨し、サビや塗膜を除去していきます。

この1種、ブラスト法は一般住宅で使われることはありません。
おもに橋や船などに用いられる方法です。

2種

2種は、おもに鉄骨建築の外壁に使われる方法で、電気工具で行います。
サビが広範囲に付着している場合や、下地の状態が悪い場合に適しています。

3種

3種はサビの範囲が狭い場合に、塗膜を残しながら電気工具でケレン作業をする方法です。

電気工具を使うには狭い場所の場合に、サンドペーパーを使い手作業で行います。

おもに一般住宅の外壁、屋根で用いられる方法です。

4種

4種は傷や汚れのある古い塗膜だけを除去する方法です。
サビや腐食などがない、状態が良い外壁などで用いられます。

手作業で行われてサンドペーパーや研磨スポンジを使います。

ケレン作業の費用はどれくらい?

ケレン作業にかかる費用の相場は、1㎡あたり200~2,000円といわれています。
1種から順に費用が高く、4種がいちばん安いです。

基本的に外壁のサビや汚れなどにより劣化状態が軽度なほど、作業費用は安くなります。

ケレン作業の2つの注意点

ケレン作業に関して注意すべき点が2つあります。

それぞれ詳しく説明していきますので、見ていきましょう。

外壁塗装工事の内容にケレン作業が含まれているか

業者に外壁塗装を依頼する際、工事内容にケレン作業が含まれているか確認するようにしましょう。

ケレン作業は塗料の耐用年数を保つための大切な作業であり、家を守っていくためにも重要です。

そのため、ケレン作業が含まれていないと塗料の密着度が低くなり、剥がれなどの劣化症状が表れるのが早くなります。

このような手抜き工事をされるおそれがあるため、しっかりと確認するようにしましょう。
確認した際に、曖昧な返答をしてきた業者は悪徳業者の可能性があるため依頼を考え直しましょう。

見積書を確認する

業者に工事を依頼する前に、見積書の内容を確認するようにしましょう。
特にケレン作業の種類や費用が明記してあるか、妥当かについてはしっかりと確認してください。

優良業者に依頼するためのポイント

ケレン作業は、外壁塗装の耐用年数を保つために必要不可欠な作業です。
そこで、優良業者に依頼するために押さえておくべき2つのポイントを紹介します。

相見積もり

相見積もりは、同じ工事内容の見積もりを複数の業者に依頼することです。
相見積もりで複数の業者を比べて優良業者を探します。

記載されている工事内容や費用などを比べることで、詐欺や手抜き工事に引っかかるリスクを減らすことができます。

大体2~3社に候補を絞り相見積もりすることをおすすめします。

資格を持つ業者を選ぶ

外壁塗装業は、専門的な資格がなくても開業できるため、資格を持っている業者はスキルアップするための努力をしている優良業者ととらえることができます。

持っていると安心できる資格として、「塗装技能士」「外壁劣化診断士」「足場の組立て等作業主任者」の3つがあります。

とくに塗装技能士は、高い技術と知識を持っている証明なので、覚えておいてくださいね。

まとめ

外壁塗装においてケレン作業は、絶対に欠かしてはいけない重要な工程です。
ケレン作業を怠ると塗料の密着度が下がり、剥がれなどの劣化症状が早くあらわれてしまいます。

大切な家を長く守っていくためにも、相見積もりなどをとるなどしてしっかりした業者を選びましょう。

関連コラム

外壁塗装の質問・相談をしてみる

アクセスランキング

  1. 1
    10
    回答
    12
    14942人
  2. 2
    5
    回答
    12
    14900人
  3. 3
    2
    回答
    8
    14686人
  4. 4
    2
    回答
    4
    13609人
  5. 5
    10
    回答
    6
    10567人
  6. 6
    5
    回答
    6
    9882人
  7. 7
    5
    回答
    4
    9869人
  8. 8
    10
    回答
    2
    9228人
  9. 9
    2
    回答
    9
    8062人
  10. 10
    3
    回答
    3
    8051人

新着の質問一覧

  1. NEW
    0
    回答
    0
    4人
  2. NEW
    0
    回答
    0
    2人
  3. NEW
    0
    回答
    0
    2人
  4. NEW
    0
    回答
    0
    10人
  5. NEW
    1
    回答
    0
    6人
  6. NEW
    1
    回答
    0
    8人
  7. NEW
    1
    回答
    0
    4人
  8. NEW
    1
    回答
    0
    4人
  9. NEW
    1
    回答
    0
    6人
  10. NEW
    1
    回答
    0
    7人

外壁塗装の豆知識

新着の質問
新着の質問

FACEBOOK
当サイトのfacebookページ

質問・相談する