知恵袋のような質問・口コミ投稿サイト 外壁塗装の知恵ノートTOP > 知識ノート > 外壁塗装をしなくてはいけない状態で赤ちゃんがいるときにやっておきたいこと

外壁塗装をしなくてはいけない状態で赤ちゃんがいるときにやっておきたいこと


「外壁塗装をしなくてはいけない状態で、うちには赤ちゃんがいるんだけど大丈夫?」
「赤ちゃんがいて外壁塗装をするときに、やっておいたほうがいいことないの?」

という質問を耳にすることがよくあります。

先に申しますと、育児を終えてから塗装をすることを一般的には推奨しています。

早急に塗装をしないと家の劣化症状が進んでしまうといった状況や、住んでいるまたは近隣のマンションやアパートの塗装工事がスタートとしてしまうといった絶対に避けられない状況の方もいるかと思います。

そのような状況なら誰しもが「赤ちゃんに悪影響がないか心配」となってしまいますよね。

結論から言いますと、赤ちゃんがいるご家庭でもいくつかの注意点を守れば外壁塗装はできます。

この記事では、赤ちゃんがいらっしゃるご家庭が外壁塗装をするときにやっておくべきことを紹介していきます。

赤ちゃんがいるから安心して外壁塗装ができるということをきちんと知りたいという方はぜひ最後までお付き合いください。

せめて首がすわって外出がしやすくなってからにしよう

育児中に、どうしても外壁塗装をしなければならない状況の方たちは、せめて生後3ヶ月以降の首がすわり外出ができるようになってからをおすすめします。

なぜなら、塗装自体に赤ちゃんの健康面で心配することはほとんどないのですが、ストレスのことを考えると外出しやすい状態ということが大事になってきます。

それでは、なぜ外出できることが大事なのかを説明していきます。

外出ができると母子ともにストレスを抱えなくてよくなる

赤ちゃんは、生後から3ヶ月ころまでは、体温調整がうまくできず、免疫力もあまりありません。

そして、首もすわっていないことから外出があまり頻繁にできません。

外壁塗装工事は、工事の音や職人の出入りなどで、家の周りのどこかしらで絶えず音が発生している状態にあります。

この状態は、赤ちゃんはもちろんのことお母さんもストレスを抱えやすい環境であると言えます。

ですので、生後3ヶ月以降で赤ちゃんの首がすわり、外出がしやすい状態になってから外壁塗装を行うことがおすすめなのです。

外出できるようになると、ストレスを抱えないよう工夫ができるようになるので、外壁塗装工事を行ったとしても大丈夫でしょう。

では、外壁塗装工事中にどれくらい外出をすればいいのか?と疑問に思う方がいらっしゃると思いますので、おすすめをご紹介します。

おすすめの頻度は、足場の組立作業中の1日、外壁の塗装作業中の3日程度、そして足場の解体作業の1日の計5日間程度です。

そのタイミングを知るためにも、外壁塗装業者に工事のスケジュールをもらっておくようにしてください。

ご実家や友人宅などお世話になれる場所がある方は大丈夫ですが、真夏や真冬での工事中の外出ですと赤ちゃんとお母さんともに負担がかかるかもしれないので、頼りにできる場所が無い方は、工事を行う季節にも注意してくださいね。

外壁塗装前にやっておくべきこと

外壁塗装を安心して行うために事前にやっておくべき4つのことを紹介していきます。

1.信用できる業者を探す

外壁塗装において、まず大切で一番重要なことは、信用できる業者を見つけることです。

なぜかというと、塗装技術やサービスが業者によって差があるからです。
専門的な知識や技術力は、塗装における提案力や安全性に関係してくるので、腕のある信頼できる業者を見つけて依頼することがかなり重要になってきます。

では、ここからは信用できる塗装業者かどうかを判断するために役立つ項目を6つ紹介します。

住所がはっきりしている
実績がある会社かどうか
資格をもった職人が、正しい調査をしてくれる
見積書が適正な価格であるかどうか
塗装後のアフターフォローがしっかりしているか
正しい契約書を用意・提示してくれる

以上のことすべてに当てはまる業者なら大丈夫だと思いますので、しっかりとHPやチラシなどから比較して検討するようにしてください。

3社くらい候補を出してその中から選ぶという形ならやりやすいです。

親身になってくれる塗装業者に相談する

妊娠中や小さなお子さんがいらっしゃるお母さんに塗装工事前にやってもらいたいことの2つ目は、「妊娠や赤ちゃんがいることを塗装業者に見積もり依頼の際に相談する」ことです。

見積もり依頼の時に相談することで、安心できる外壁塗装工事を提案してくれるでしょう。

そのときにどれだけ親身になってくれるかを見ておくと、塗装工事中に些細なことでも相談できる関係を築けるかどうかも判断しやすいです。

「妊娠のことや赤ちゃんのことを見積もりの際に言っても大丈夫なのかな?」と躊躇してしまう方も多いかもしれませんが、母子ともに安心できる外壁塗装を行ってもらうためにも事前に相談するようにしてくださいね。

水性塗料を使ってもらう

塗料には健康を害する成分が含まれているという話を耳にして、心配になってしまっているそこのお母さん。

塗料に含まれている健康によくない成分とは、溶剤系塗料に含まれているシンナーなどの有機溶剤のことです。

特にシンナーは、赤ちゃんでなくても大量に吸引してしまうと体に悪影響です。

では、どうすればいいのか?

赤ちゃんがいるご家庭では、有機溶剤を含んでいない水性塗料というものを使用してもらうようにしてください。

事前に工事スケジュールを教えてもらっておく

塗装工事をするにあたって、塗装業者は工事のスケジュールをまとめた工程表というものを持っています。

工程表をもらって把握しておくことで、どのような作業がいつ行われるのかということがわかるので、大きな音が出る作業や強いニオイが発生しそうな作業かもしれないから外出しておこうと自らのスケジュールを立てやすくなります。

塗装業者がどれだけ作業に細心の注意をはらってもどうしても音やニオイは多少発生してしまうものです。

ですので、作業スケジュールを把握しておくことでストレスを軽減するためのベストな対応をしやすくなります。

ぜひ実践してみてください。

どうしても外出が困難なケースの場合は、工事スケジュールをもらう前に業者に、赤ちゃんのお昼寝の時間帯や、なるべく音がしない作業を心掛けてもらうことを事前に相談してみることもひとつの方法です。

これで安心できる!外壁塗装中にやっておくべきこと

外壁塗装をしている間は、日常の環境がガラッと変わってしまうので、ストレスを感じやすくなってしまいます。

子育て中なら余計に「赤ちゃんにできる限り影響のないようにしたい」と思いますよね。

ここからは、外壁塗装中にやっておきたいこと4つを紹介します。

塗装箇所から窓を開けるタイミングを判断

家の換気は塗装中もかなり大切です。

ですが、塗装工事が始まって足場が組まれてしまうと窓が養生されてしまって自由に開閉することができなくなってしまいます。

しかし、塗料のニオイというのは隙間をついて侵入してきます。
では、どうしたらいいのか?

それは塗装業者に塗装をする箇所を教えてもらい、塗装している箇所から一番離れた窓を開けられるようにしてもらってください。

そのときに、サーキュレーターや扇風機を利用して、風通りを良くする状態にしておくことも実践してみてください。

塗装中は外出、作業終了時に帰宅

水性塗料を使用していたとしても、塗料特有のニオイがどうしても気になってしまう場合があるかもしれません。

そんなときはやはり外出をおすすめします。

塗料は基本的に塗装をしてから3時間程度で、表面が効果してニオイも少しずつ減ってきます。

ですので、塗装作業終了時に帰宅することで、かなりニオイが減った状態になっています。

塗装中、毎日外出することは現実的に無理という方は、ニオイに対して我慢できないというときだけでも外出するようにして気分転換をするようにしてくださいね。

洗濯物が気になるのなら塗装中はコインランドリーへ

外壁塗装中に洗濯物へニオイがうつってしまうことを気になる方も多いと思います。

もちろん業者もそういったニオイうつりを配慮して、洗濯物を外に干さないようにお願いされる場合もあるので、部屋干しになってしまうときもあります。

しかし、上記でも記載したようにどうしてもわずかでもニオイというものは侵入してくるものです。

部屋干しをしていてもそのニオイがどうしても気になってしまう方は、コインランドリーの利用をおすすめします。

塗装工事は、戸建てで10日から14日間、アパートの場合は14日から21日程度かかるので、その期間の選択の頻度によっては費用が結構かかってしまうかもしれませんが、気になる方はコインランドリーを利用してみることも1つの手段です。

避難できる実家や仮住まいに逃げ込もう

いくつか紹介してきたように、塗装中は普段と比べると環境がすごく変わってしまいます。

そのことで母子ともにストレスを感じやすい状態になってしまいます。

やはりストレスを感じないようにするには外出することが一番です。
でも、いちいち外出しては帰宅してということが面倒だという場合は、実家への帰省や仮住まいがおすすめです。

ご実家を頼ることができる方はそれにこしたことはないですが、仮住まいの場合はお近くのウィークリーマンションやマンスリーマンションを借りることをおすすめします。

また塗装後にニオイが気になる方も同じ方法で対応できるのならベストだと思います。

安心するために外壁塗装後にやっておくこと

「外壁塗装が終わったとしても、すぐに生活をして悪影響がないのか?」
と思ってしまう方も多いかと思います。

結論ですが、塗装が完了して足場が解体された時点ではほぼ生活に影響はありません。

1つだけ注意すべきことがあるとしたら、塗料が赤ちゃんの口に入らないようにすることです。

そんなにあるケースではないと思いますが、なんでも口に運んでしまうのが赤ちゃん。
ですので、ここからは赤ちゃんの口の中に塗料が入らないようにするにはどうすればいいのかを説明していきます。

塗料が完璧に乾燥するまで赤ちゃんが外壁に触れないようにする

外壁の塗料は、塗装後1~2時間で塗膜に触れても塗料が付着しないようになります。

ですが、1~2時間では完全には塗装が乾燥していない状態なので、強く触ると塗料が剥がれてしまう可能性があります。

その剥がれた塗料を赤ちゃんが口にしてしまう可能性も0ではありません。

なので、その剥がれた塗膜が赤ちゃんの口の中に入ってしまうことを完全になくすために塗装後14日間程度は、赤ちゃんを外壁に近づけないようにしましょう。

2週間が経過して完全乾燥していたとしても、塗装後半年~1年が過ぎるまでは、【可塑剤】と呼ばれる物質が入っているビニール傘や自転車のハンドルのグリップなどのゴム状のものを外壁に立てかけると同化してしまうことがあるので注意してください。

まとめ:母子ともにストレスを感じないために万全を

ここまで赤ちゃんがいらっしゃる家庭が外壁塗装中にストレスを感じないためにできることを説明させていただきました。

緊急を要する場合でなければ、育児がある程度おちついてからの外壁塗装を推奨します。

早急に対処しなければならない状態なのであれば、上記で説明させていただきましたストレスを感じないようにする対策を実施していただきたいと思います。

どうすれば普段の生活と近い環境で生活ができるかを考えながら、業者とも相談してできることをできる限りすることで、安心して外壁塗装ができるでしょう。

そして、素敵に美しくなったご自宅で素晴らしい子育てをすることができれば私も嬉しく思います。

外壁塗装の質問・相談をしてみる

アクセスランキング

  1. 1
    10
    回答
    0
    15848人
  2. 2
    10
    回答
    2
    6220人
  3. 3
    2
    回答
    3
    4984人
  4. 4
    7
    回答
    3
    4197人
  5. 5
    5
    回答
    6
    3996人
  6. 6
    10
    回答
    2
    3952人
  7. 7
    3
    回答
    4
    3764人
  8. 8
    2
    回答
    1
    3368人
  9. 9
    2
    回答
    0
    2969人
  10. 10
    3
    回答
    0
    2906人

新着の質問一覧

  1. NEW
    0
    回答
    0
    10人
  2. NEW
    0
    回答
    0
    3人
  3. NEW
    0
    回答
    0
    13人
  4. NEW
    0
    回答
    0
    6人
  5. NEW
    0
    回答
    0
    3人
  6. NEW
    0
    回答
    0
    3人
  7. NEW
    0
    回答
    0
    8人
  8. NEW
    0
    回答
    0
    4人
  9. NEW
    0
    回答
    0
    13人
  10. NEW
    0
    回答
    0
    6人

外壁塗装の豆知識

新着の質問
新着の質問

FACEBOOK
当サイトのfacebookページ

質問・相談する