換気棟を知らなきゃ損!屋根裏の換気には欠かせないものに!


皆様、「換気棟」ってご存知ですか?
一般の人の間には、ほとんど知名度がないのでは?と思いながら、だからこそこの記事を書いています。

とりあえず「換気棟」について簡単に説明させていただきますと、屋根裏を換気するために取り付ける屋根の部材のことです。

快適な生活を維持するために、とても重要なものなのですが、あまり知られていない換気棟。
屋根裏を換気する方法は、いろいろとあるのですが、その中でも換気棟は、寒い冬の結露対策にもなり、夏の暑い日には室内の温度が上がるのを抑えてくれるなど、家の中を快適な空間にするのにとても便利なのです。

最近では、ガルバリウム鋼板などの金属屋根素材が屋根リフォームの主流になってきています。
それに伴って、金属製の換気棟が活躍する場が増えてきているのです。

そこで今回は、換気棟と屋根裏換気の重要性について説明していきたいと思います。
ぜひ最後まで読んでみてください。

換気棟ってどんなもの?

換気棟について冒頭で簡単に説明させていただきました。
ここからは換気棟がどういうものなのかを詳しく紹介していきたいと思います。

換気棟とは、屋根裏にこもる湿気や熱気を外部に排出するために、屋根の棟のところに取り付けられている部材のことです。
その名の通り、屋根の頂上の棟に設置して換気をするための物なので、換気棟です。

皆様も学生のころに習ったと思うのですが、温かい空気は上部へと溜まっていくものです。
そのため、屋根の頂上部分の棟に換気棟を設置すると、自然に屋根裏にたまる熱を排出することができるので、とても効率的で理にかなった設計なのです。

しかし、現在の建物の9割以上が、軒下などに設置された換気口によって熱を排出する妻換気や軒先換気だと言われています。

では、どうして最も理にかなった設計にもかかわらず換気棟が不人気なのか?
それは、雨漏りが原因です。

本来、熱気は屋根裏の上部に溜まっていくものなので、妻換気や軒先換気だけでは屋内の熱を排出するのに不十分なのです。
ですが、一般の方はどうしても換気棟の屋根の頂上に穴をあける施工方法から、雨漏りが起こってしまうイメージを持ち心配してしまうのです。

雨漏りは、1度発生してしまうと被害は甚大なので、穴から水が入ってきて天井から水が垂れてくるようになるのでは?と心配してしまうのも無理はありません。

その他に、換気棟が不人気の理由がハウスメーカーや建築事務所も、もしもの雨漏りなどのリスク回避のために敬遠してしまっている現状があるからなのです。

しかし、腕の良い屋根職人が丁寧に施工をすれば、換気棟が原因で雨漏りが発生することはありません。

いろいろな屋根裏換気の方法がある

換気棟について詳しく先述させていただきましたが、屋根裏換気の方法は他にもあり、それぞれに特徴があるので紹介していきます。

妻換気

切妻の妻側に「ガラリ」といわれる金物を取り付けて、そこから外気を直接取り入れ換気をおこないます。
この方法は、軒先換気と併用することがベストだと言われています。
妻換気は、垂直面に設置されており、直接雨が当たる場所であるため、雨仕舞(住宅・建物に雨水が入らないようにする仕組み)に注意すべきです。

軒先換気

軒先換気は、軒先の軒天に換気口を設置しておこなう換気方法です。
軒天換気と呼ばれることもあり、現在、最も普及している屋根裏換気の方法です。

換気棟との併用が理想的と言われているのですが、併用されていることは少なく、軒先換気のみ設置されていることがほとんどです。

最近では、デザイン上の問題などで軒先がとても短くなってきている傾向にあります。
そのため軒先換気の換気口のバリエーションがかなり増えてきています。

屋根裏換気によるメリットとは

ここまでで屋根裏換気の方法がたくさんあることを知ってもらえたと思います。
先述しましたように、熱は上部に溜まることを考慮すると、換気棟の設置がおすすめだといえます。

しかし、施工の面で考えると屋根の棟部分に穴をあけるということは事実なので、熟練の技術が必要不可欠です。
そのため、施工は実績と経験のある屋根工事専門の業者に依頼するようにしてください。

屋根裏換気は、寒い冬には結露、構造物の腐食や劣化、シロアリやカビの繁殖などを防止することができます。
夏には、屋根裏に熱気が溜まりエアコンの効果が悪くなる問題の対策にもなります。

なんと、夏場の屋根表面温度は70℃を超えることもあり、その熱で室内が不快な環境になってしまうということです。

このような室内への悪影響の対処ができ、加えて光熱費などの削減も期待できるというメリットが換気棟にはあります。

まとめ:換気棟は熟練の職人に施工してもらおう

最近、人気が出てきている「換気棟」の特徴やメリットなどについてここまで紹介してきました。

先述しましたように、熱気は高いところへと集まります。
そのため、屋根の頂上である棟に設置されている換気棟はとても理にかなっています。
紹介しました妻換気や軒先換気でも、もちろん換気はおこなえますが、換気棟と併用するとさらに効果抜群です。

どうしても屋根に穴があいていると雨漏りを心配してしまうかもしれませんが、屋根専門の経験豊富な業者に依頼すると、雨漏りの可能性はまずありません。

換気方法としては、とても自然の摂理に従った優れた方法なので、この記事で気になった人は1度検討してみてはいかがでしょうか。

関連コラム

外壁塗装の質問・相談をしてみる

アクセスランキング

  1. 1
    5
    回答
    10
    10635人
  2. 2
    10
    回答
    6
    9606人
  3. 3
    2
    回答
    4
    9362人
  4. 4
    10
    回答
    2
    8877人
  5. 5
    2
    回答
    3
    8823人
  6. 6
    5
    回答
    4
    8227人
  7. 7
    10
    回答
    0
    7737人
  8. 8
    10
    回答
    5
    7426人
  9. 9
    5
    回答
    6
    7326人
  10. 10
    3
    回答
    5
    5900人

新着の質問一覧

  1. NEW
    0
    回答
    0
    0人
  2. NEW
    0
    回答
    0
    0人
  3. NEW
    0
    回答
    0
    1人
  4. NEW
    0
    回答
    0
    5人
  5. NEW
    1
    回答
    0
    3人
  6. NEW
    0
    回答
    0
    3人
  7. NEW
    1
    回答
    0
    3人
  8. NEW
    1
    回答
    0
    6人
  9. NEW
    1
    回答
    0
    5人
  10. NEW
    1
    回答
    0
    1人

外壁塗装の豆知識

新着の質問
新着の質問

FACEBOOK
当サイトのfacebookページ

質問・相談する