5大原因を理解してカーポートの雨漏り対策をしよう!

この記事の監修者

佐伯 明彦 (株式会社ソラ SOLA)

所有資格外壁診断士

外壁施工において構造性能や耐火耐久性能など外壁塗装をお考えの方に対して アドバイスをおこなっております。


カーポートは大切な車や自転車を雨風から守ってくれますが、さまざまな原因により雨漏りが発生します。

雨漏りの対策については関心の高い方が多いようですので、この記事で詳しく解説していきたいと思います。

雨漏りの発生の原因から火災保険が適用されるケースまで幅広く説明しますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

カーポートが雨漏りする5大原因

カーポートに限らずですが、雨漏りは雨が降るたびに気になるうえに嫌な気持ちになりますよね。

カーポートの場合、雨漏りのおもな原因は5つあります。

1. 雨樋(あまどい)の詰まり
2. 屋根の破損
3. コーキングの劣化
4. 水の逆流
5. 結露

それぞれの原因について詳しく解説していきます。

雨樋(あまどい)の詰まり

雨樋(あまどい)とは、屋根を流れる雨水を集めて地上や下水に流す設備のことです。

屋根についている印象が大きいと思いますが、実はカーポートにもついています。
あまり知られていないのは、カーポートのフレームに隠れていたりして、わかりにくいからです。
ですが、屋根の雨樋同様、しっかりと雨水を流す役割を担っています。

しかし、このカーポートの雨樋が落ち葉や土ぼこりなどで詰まると雨漏りが発生してしまいます。

そのため、カーポートの近くに大きな木がある場合は、こまめに掃除するなど気を配るようにしてくださいね。

屋根の破損

カーポートは台風や強風などによる飛来物が原因で、破損が生じることがあります。

大きな台風が直撃した場合、カーポートの屋根のパネルが剥がれて飛んでいってしまうこともあります。

このように屋根が破損すると雨漏りを引き起こします。

ほかにも経年劣化や積雪など破損の原因はさまざまですので、定期的に確認することをおすすめします。

コーキングの劣化

カーポートの屋根は、接合部分をゴム製のパッキンやコーキングで埋めて水を止めるようにしています。

しかし、これらパッキンやコーキングは大体10年を目安に劣化が見られるようになり、ひび割れや剥がれが発生して雨漏りの原因になります。

経年劣化はどうしても避けられないため、コーキングの打ち替えや打ち増しをして雨漏りを防ぐようにしましょう。

水の逆流

水の逆流と聞いてもなかなかイメージしづらいかと思います。
水の逆流は、屋根材にガルバリウム鋼板の折板を使用しているカーポートで、稀に見られる現象です。

折板屋根のカーポートは、基本的に少し傾斜がついているので、上から下に水が流れます。
しかし、台風など強風で水が逆流して雨漏りの原因になることがあります。

水の逆流の防止策は、水止め用面戸(めんど)を傾斜の上の部分に設置し、水が浸入する隙間を塞ぐことです。

結露

厳密には雨漏りと異なりますが、結露が起こることで雨漏りと似た症状が発生します。

結露は、室内と外の温度差によって窓やサッシに水滴が付くことですが、折板屋根のカーポートでも見られ、寒い冬には雨漏りと間違えるほど水が落ちてくることがあります。

カーポートの結露対策は、ペフというスポンジのような断熱材を取り付けることが一般的です。

しかし、このペフも5年程度で劣化がしてくるため、定期的にメンテナンスをする必要があります。

カーポートの雨漏りはDIYで直せる?

カーポートに雨漏りはDIYでの修理は難しいです。

雨漏りの原因が雨樋の詰まりだった場合は、掃除をすることで解決することができます。
そのほかが原因の場合は、屋根に上がって専門的な作業をする必要があり、危険が伴います。業者に依頼することをおすすめします。

カーポートの雨漏り修理を依頼した場合の費用

カーポートの雨漏り修理の基本は、「パネル交換」「コーキング補修」「パネルの新設」の3つです。

それぞれの修理費用の相場は…

・パネル交換→3万円~
・コーキング補修→3万円~
・パネルの新設→10万円~

パネルの交換については注意が必要で、古いパネルの場合交換部品がない場合があります。
さらに、カーポートの種類や大きさによって費用が大きく左右されます。

カーポートの雨漏りは火災保険の対象なのか?

まず、カーポートの雨漏りに火災保険が必ず適用されるわけではありません。

加入している火災保険が風災・雪災・雹災(ひょうさい)の特約に対応している必要があります。

また、当然ですが、雨漏りの原因が自然災害による破損でなければなりません。

そのため、火災保険を利用したい場合は詳しい業者さんに相談することをおすすめします。

反対に、火災保険を使う修理を勧めてくる業者には、要注意です。
後になって、火災保険が適用されず、通常料金で支払うしかなくなるようなこともあります。

まとめ

カーポートの雨漏りの原因や対策についてまとめさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。
大切な車や自転車などを守るためのカーポートだからこそ、安心して駐車、駐輪できるスペースにしましょう。

関連コラム

外壁塗装の質問・相談をしてみる

アクセスランキング

  1. 1
    10
    回答
    12
    16841人
  2. 2
    5
    回答
    12
    15819人
  3. 3
    2
    回答
    9
    15814人
  4. 4
    2
    回答
    7
    14553人
  5. 5
    10
    回答
    6
    10719人
  6. 6
    5
    回答
    6
    10348人
  7. 7
    5
    回答
    4
    10078人
  8. 8
    3
    回答
    3
    9348人
  9. 9
    10
    回答
    2
    9272人
  10. 10
    2
    回答
    9
    8807人

新着の質問一覧

  1. NEW
    4
    回答
    0
    1975人
  2. NEW
    10
    回答
    5
    2090人
  3. NEW
    2
    回答
    4
    7893人
  4. NEW
    2
    回答
    7
    14553人
  5. NEW
    1
    回答
    1
    332人
  6. NEW
    2
    回答
    5
    6304人
  7. NEW
    3
    回答
    0
    694人
  8. NEW
    3
    回答
    13
    5246人
  9. NEW
    5
    回答
    6
    10348人
  10. NEW
    4
    回答
    1
    5611人

外壁塗装の豆知識

新着の質問
新着の質問

FACEBOOK
当サイトのfacebookページ

質問・相談する