広いベランダにはシート防水という手も

この記事の監修者

佐伯 明彦 (株式会社ソラ SOLA)

所有資格外壁診断士

外壁施工において構造性能や耐火耐久性能など外壁塗装をお考えの方に対して アドバイスをおこなっております。


ベランダの防水工事をしたいけれど、どんな種類があるのか、どのくらい費用がかかるのか分からず躊躇している方はいませんか?

防水工事は方法を間違えるとすぐに剥がれてしまい、浸水や雨漏りを引き起こしてしまいます。防水の種類や費用、寿命を知って、適切な工事を選択できるようできるようにしましょう。

1.ベランダ防水の種類

ベランダ防水には以下の3種類があります。

種類 防水工事の費用 耐用年数 特徴
シート防水 5〜7万円 12〜15年 安価で丈夫だが決まった形状にしか加工できない
ウレタン防水 6〜8万円 10〜13年 複雑な形状に対応できるが劣化しやすい
FRP防水 7〜10万円 10〜13年 複雑な形状に対応できて耐久性は高いが費用がかかる

上記は4㎡程度のベランダを想定した表になります。ベランダの広さや補修状況によって価格は大きく変動しますので、詳細は業者にご相談ください。

本項では、3種類の防水それぞれの特性をご説明します。

1-1.シート防水

固形のシートを張り巡らせることで防水を行う加工方法です。主に屋上で使う手法のためベランダではほとんど利用しません。

メリット:安価
     丈夫
デメリット:形状が固定されているため複雑な構造の床には利用できない
 
シート防水は、広いベランダを所有する人に向いています。テラスのような30㎡を超えるベランダを所有しているのならシート防水を検討してみてもよいでしょう。

1-2.ウレタン防水

ウレタン樹脂を塗装することで防水性を高める加工方法です。FRP塗装と並んでベランダの防水工事としてよく利用されています。

メリット:シート防水に比べて複雑な構造物でも加工ができる
     FRP防水より安価
デメリット:他の方法に比べて工期が長い
      手塗りのため防水塗膜の厚さにムラができやすい
 
ウレタン防水は価格を抑えて防水工事をしたい人に向いています。

1-3.FRP防水

FRP防水の塗料はガラス繊維を含んだ強化プラスチックによって作られています。ウレタン塗装と並んで、ベランダの防水工事としてよく利用されています。

メリット:シート防水に比べて複雑な構造物でも加工ができる
     ウレタン防水よりも耐久性が高い、
     塗装ムラができにくい
デメリット:3種類で最も価格が高い
      塗膜が硬いためひび割れしやすい

FRP防水は広範囲に塗るとひび割れしやすい性質があるため、狭いベランダに向いています。

2.ベランダ防水にかかる費用の目安

一般的な広さ(4㎡程度)のベランダを防水工事する場合、費用の相場は5万円〜10万円程度といわれています。当然、面積が広くなるほど費用は増えていきます。

また、前項でも述べた通り、防水の種類によっても費用は変わります・

2-1.防水方法による費用の違い

・シート防水:5〜7万円
・ウレタン防水:6〜8万円
・FRP防水:7〜10万円
※いずれも4㎡程度のベランダを想定

シート防水は4㎡程度の広さだと工事費用が5万円〜7万円ですが、これは単純な構造のベランダに限られます。

ウレタン防水では6〜8万円程度が目安となります。ウレタンとFRPはどちらも塗装による防水ですが、FRP防水のほうが傷はつきにくく、仕上りがキレイで材料費が高額です。

また、ベランダ床の防水工事だけではなく、壁面や天井の外壁塗装も行う場合は費用が5割以上は増えるでしょう。

さらに既存の防水層の劣化状況や、工事内容によって価格は変動します。古い防水層が表面しか劣化していない場合は補修費用が半額程度で済むケースがあったり、床の角度がおかしくて水たまりができやすい場合だと左官工事が必要となるため費用が高額になったりと様々です。

2-2.DIYは避けた方が良い

ベランダの防水をDIYで行って費用を節約することは困難です。なぜなら、防水工事は専門性が高い技術のため素人では失敗しやすいからです。DIYで防水工事をすると、問題なさそうに見えても短期間で剥がれてしまう可能性が高くなります。
 
防水層が剥がれてしまうと業者に塗り直してもらう必要があるため、DIYした分だけ費用が無駄になるでしょう。また、不十分な施工で欠陥が生まれてしまい雨漏りを引き起こした場合、修繕に多額の費用が必要となる危険性があるためDIYは無闇に行わないほうがよいでしょう。

3.業者選定の際の注意点

ベランダ防水を業者に依頼する際は注意点が3つあります。注意点を守ることで悪徳業者に騙される心配が減り、費用を節約できるでしょう。

3-1.相見積もりをとる

ベランダの防水工事をする業者は相見積もりをして選別しましょう。相見積もりとは複数の業者に見積もりを依頼することです。相見積もりを行うことで、1社だけでは見抜けなかった工事の問題点や価格の高さに気づきやすくなります。
 
相見積もりを行う際は工事内容と使う材料を統一してください。工事内容が異なる見積書を比較しても価格が適正なのかどうかは見抜けません。

3-2.防水の専門業者に依頼する

防水工事を外壁塗装業者に依頼してはいけません。外壁塗装と防水工事は別分野のため、外壁塗装業者に防水に関する専門知識はありません。防水工事の際は防水専門業者に依頼してください。

例外は、外壁塗装と防水工事を同時に行う場合です。この場合は外壁塗装会社に依頼してもよいですが、「防水工事は専門の職人を呼んでください」と伝えるようにしましょう。

3-3.ハウスメーカーではなく自社施工をしている会社に依頼する

防水工事を依頼する業者は自社で工事をしている会社に依頼しましょう。たとえ防水専門をうたっている会社でも、自社で工事をしていない場合は信用できません。ハウスメーカーやゼネコン、ホームセンターに依頼してしまうと下請け会社に丸投げされる可能性が高まります。自社施工をしない業者はあなたの工事を下請け会社に依頼し、仲介料として工事費の一部を抜き取ってしまいます。費用を安くしたい人は、仲介料が必要ない自社施工の業者に直接依頼しましょう。

4.まとめ

ベランダの防水工事にかかる費用の目安は5〜10万円程度で、防水の耐用年数は10年程度です。可能なら5年おきにメンテナンスを行うとよいでしょう。防水工事をする際は外壁塗装会社ではなく専門の防水業者に依頼してください。もし外壁塗装と防水工事を同時に行いたい場合は外壁塗装業者に依頼しても構いません。ただし、外壁塗装業者に依頼する際は「防水部分は防水専門の職人が行ってください」と伝えましょう。

関連コラム

外壁塗装の質問・相談をしてみる

アクセスランキング

  1. 1
    10
    回答
    13
    17671人
  2. 2
    2
    回答
    9
    16553人
  3. 3
    5
    回答
    12
    16266人
  4. 4
    2
    回答
    8
    14945人
  5. 5
    10
    回答
    6
    10794人
  6. 6
    5
    回答
    6
    10690人
  7. 7
    4
    回答
    5
    10289人
  8. 8
    5
    回答
    5
    10214人
  9. 9
    10
    回答
    2
    9287人
  10. 10
    2
    回答
    10
    9098人

新着の質問一覧

  1. NEW
    0
    回答
    0
    6人
  2. NEW
    0
    回答
    0
    4人
  3. NEW
    0
    回答
    0
    6人
  4. NEW
    0
    回答
    0
    4人
  5. NEW
    0
    回答
    0
    6人
  6. NEW
    0
    回答
    0
    4人
  7. NEW
    0
    回答
    0
    4人
  8. NEW
    0
    回答
    0
    5人
  9. NEW
    0
    回答
    0
    4人
  10. NEW
    0
    回答
    0
    4人

外壁塗装の豆知識

新着の質問
新着の質問

FACEBOOK
当サイトのfacebookページ

質問・相談する