外壁塗装の足場の価格相場・単価と安全性について

この記事の監修者

佐伯 明彦 (株式会社ソラ SOLA)

所有資格外壁診断士

外壁施工において構造性能や耐火耐久性能など外壁塗装をお考えの方に対して アドバイスをおこなっております。


外壁塗装の作業を行うには足場の設置が必要です。でも足場を組むにはどれくらい費用がかかるのか、相場感がイマイチ分からないですよね。「安いにこしたことはないけれど、安全性が低いのも不安だし…」と考えておられる方も多いことでしょう。

そこで本記事では外壁塗装の足場の価格相場・単価と安全性について解説します。足場と安全性は切っても切り離せない関係ですので、外壁塗装を依頼される前にご一読ください。

外壁塗装に関する質問を気軽にしてみよう!【登録不要!】

当サイトでは外壁塗装に関する質問を受け付けています。
登録不要ですので、お気軽にご質問ください(^^)

足場の設置が必要となるケース

足場の価格をご紹介する前に、どのような作業に足場の設置が必要となるかを解説します。

そもそも「足場」とは、高所で安全で作業するために設置する仮設建築物のことです。塗装作業を行う職人や作業員を落下によるケガから守り、作業をしやすくするために設置します。

また、外壁塗装においては足場に飛散防止ネットを設置することで”塗料の飛散を防ぐ”という役割もあるのです。はしごや脚立を使って外壁塗装をすることもできなくはないですが、安全面で不安がありますし塗料が飛散する恐れもあります。

では、どのようなケースで足場の設置が必要になるのでしょうか?

屋根や外壁の塗装の塗り直しやリフォームでは足場の設置が必要となります。上述したように安全に外壁塗装の塗り替えの作業をするには足場が必要ですし、効率よく作業するのにも足場は欠かせません。

言わば外壁塗装は安全な足場あってこそです。外壁塗装と足場はセットのような関係ですので、外壁塗装を依頼する際は足場についてもしっかり確認しておきましょう。

足場の種類と価格・相場

足場の種類を大きく分けると、「くさび足場(ビケ足場)」「単管足場」「単管ブラケット足場」の3つがあります。それぞれの足場のメリット・デメリットと価格・相場は以下です。

くさび足場(ビケ足場)

金具をハンマーで打ち込んで組み立てる方式の足場です。主に低層・中層建築で使われます。

《メリット》
設置が簡単であるため工期が短く済み、コストパフォーマンスにも優れていることから広く使われています。

《デメリット》
組み立て時にハンマーで叩いて打ち込むため、騒音が発生します。隣の家との間が狭い場合など、場所によっては組み立てができません。

《価格・相場》
くさび足場の㎡あたり価格は800~1,200円です。

単管足場

2本の鉄パイプ(単管)を組み合わせ、そのパイプの上に足を乗せて作業をするタイプの足場です。以前は丸太が使われていましたが、現在は鉄パイプが使われます。

《メリット》
建物同士の間隔が狭い場所でも設置できるため、狭小地などで活躍します。組み立てに時間がかかりますが、さまざまな建物の形状に合わせて設置できる柔軟性の高さが単管足場のメリットと言えるでしょう。

《デメリット》
2本のパイプの上に乗って作業をするため、安全性は高くありません。足場に道具や塗料缶を置くのは難しいため、作業効率も低いと言えるでしょう。

《価格・相場》
単管足場の㎡あたり価格は600~800円です。

単管ブラケット足場

単管パイプにブラケットと呼ばれる金物を設置し、その上に足場板を敷くタイプの足場です。

《メリット》
2本のパイプの上に乗って作業する単管足場と違って、足場板を設置することで安全性を高めたのが単管ブラケット足場の特長です。足場板があることで動きやすくなるため、作業効率も上がります。くさび足場(ビケ足場)が設置しにくい場所でも施工がしやすいため、狭小地での選択肢は単管足場か単管ブラケット足場になるでしょう。

《デメリット》
単管ブラケット足場は組み立て時にボルトをひとつひとつ閉めていかなければならないため、設置に時間がかかります。

《価格・相場》
単管ブラケット足場の㎡あたり価格は700~1,000円です。

現在、主流となっているのはくさび足場(ビケ足場)ですが、解説したように立地によっては設置できない場合があります。単管足場はこの3つの中でも最も価格が安いですが、安全性に不安があるのが懸念材料です。

単管ブラケット足場は建物同士が隣接している場所や狭小地でも設置できる上に単管足場より安全性が高いため、メリットの多い足場と言えるでしょう。価格もくさび足場(ビケ足場)とそう変わらないため、コストパフォーマンスにも優れています。

他にはビルなどの高層建築の塗装で使われる「無足場工法」というものもありますが、住宅の外壁塗装では上記3種類のいずれかと考えておいて問題ないでしょう。

飛散防止ネットの単価・相場

外壁塗装の塗り替えの際に塗料が他の部位に飛び散らないように飛散防止ネットを使います。また、飛散防止ネットにはニオイの充満を防ぐのも役割のひとつです。

飛散防止ネットの㎡あたり単価は100~200円となっています。業者によって価格は上下しますが、それほど高いものではありません。

たとえば30坪(99.17㎡)なら、9,917〜19,834円が目安となります。これはあくまでも一例ですので、見積もりで飛散防止ネットの費用も確認しておきましょう。

足場代の節約のために全面塗替えを検討した方がいい?

足場の設置費用は種類や平米数によって変わります。たとえば外壁塗装と屋根塗装を別々に行うと、それぞれで足場代がかかってしまうため、もったいなく感じますよね。

これはすごく判断が難しいのですが、もし外壁塗装と屋根塗装の時期が近いのであれば、全面塗替えをしてしまった方が足場代を安く抑えられます。たとえば外壁塗装しか予定していなかった場合でも、トータルでの足場代を節約するために全面塗替えを検討した方がよいかもしれません。

ただ、無理に全面塗替えをする必要はありません。確かに外壁と屋根のどちらかの塗装塗替えをするなら一緒にしてしまった方が足場代は節約できますが、それは外壁と屋根塗装の塗替えのタイミングが合った場合です。まだ劣化していない塗装を無理やり塗り替えることはありません。

部分的に塗り替えをするか全面塗替えをするかは、点検をしてもらった結果と足場代で判断するとよいでしょう。

「足場の組立て等作業主任者」の資格と特別教育の受講について

鋼管足場(単管足場)の設置には「足場の組立て等作業主任者」の資格が必要となります。この資格は労働安全衛生法に定められた国家資格です。

高さが5メートル以上の足場を組立解体時する場合、本資格の技能講習修了者を作業主任者として選任し、その者の指揮に従って作業を行わなければなりません。これは「労働安全衛生法 第14条 施行令第6条第15号」によって定められている法律です。

また、以前は足場で作業する際に資格は必要ありませんでしたが、平成29年7月1日以降、足場の組み立て・解体・変更を行う者は特別教育の受講が義務付けられました。つまり、特別教育を受講していない者は足場の組み立て・解体の作業をしてはいけないのです。

この法改正は足場からの転落事故を防ぐことが大きな目的です。足場での事故は組み立てや解体時に起こることが多いため、安全意識を高めるために特別教育の受講を義務付けています。

たとえば外壁塗装を依頼する業者の作業員に「足場の組立て等作業主任者」の有資格者がいない、または作業員が足場の組み立て・解体の特別教育の受講を受けていない場合、足場の専門業者に依頼することになります。自社で足場を組む業者もいますが、リフォーム会社や塗装会社は足場の専門業者に依頼することが多いです。

自社で足場を組む業者に依頼するのが最も安く済む可能性が高いですが、「足場の組立て等作業主任者」の有資格者がいるのか、足場の組み立て・解体を行う作業員は特別教育の受講をしているのかを確認しておいた方がよいでしょう。足場代を安く抑えられるにこしたことはありませんが、安全に作業をしてもらうことが第一です。

足場をDIYで組む危険性

DIYで屋根や外壁塗装をするために、自己流で足場を組まれる方もいらっしゃると思いますが、安全な足場を組むには専門知識が必要です。一見すると足場を組むのは簡単そうに見えますが、倒壊しない強度の高い足場を組むには専門知識に基づいて計算しなければなりません。

足場の設置技術を習得するには早い方でも半年から1年ほどかかるレベルなので、知識なしで安全に組むのはむずかしいでしょう。足場は安全のために設置するものですが、その足場が倒壊して大怪我をしてしまっては本末転倒です。

上述したように5メートル以上の高さの足場を設置するには「足場の組立て等作業主任者」の有資格者による指揮が必要ですし、組み立て・解体の作業には特別教育の受講が必要となりますので、DIYで5メートル以上の足場を組むのはやめておきましょう。

また、足場を自費で購入すると高くついてしまう可能性があります。購入すると足場を保管する場所が必要になるので、使っていない時は場所ととるだけです。

足場のレンタルも安いわけではありませんし、レンタルで足場の架設・撤去まで依頼するくらいなら、業者に塗装をまるごと依頼した方がよいでしょう。

まとめると、DIYで足場を組むのはあまりおすすめできません。安全には変えられませんし、DIYで足場を組んでもそれほど節約にはならないというのが実際のところです。

おわりに

足場の相場と安全性について解説しましたが、いかがでしたでしょうか?足場代が安いにこしたことはありませんが事故が起きては大変ですので、安全性を重視して作業してくれる業者を選ぶことをおすすめします。

足場は安全に作業するために欠かせないものですので、外壁塗装を依頼するなら足場も含めて依頼する業者を選んでくださいね。

外壁塗装に関する質問を気軽にしてみよう!【登録不要!】

当サイトでは外壁塗装に関する質問を受け付けています。
登録不要ですので、お気軽にご質問ください(^^)

関連コラム

外壁塗装の質問・相談をしてみる

アクセスランキング

  1. 1
    5
    回答
    11
    12458人
  2. 2
    2
    回答
    6
    11472人
  3. 3
    2
    回答
    3
    10197人
  4. 4
    10
    回答
    6
    10062人
  5. 5
    5
    回答
    4
    9072人
  6. 6
    10
    回答
    2
    9069人
  7. 7
    5
    回答
    6
    8272人
  8. 8
    10
    回答
    0
    7788人
  9. 9
    10
    回答
    5
    7565人
  10. 10
    10
    回答
    0
    6938人

新着の質問一覧

  1. NEW
    0
    回答
    0
    1人
  2. NEW
    0
    回答
    0
    2人
  3. NEW
    0
    回答
    0
    4人
  4. NEW
    0
    回答
    0
    6人
  5. NEW
    0
    回答
    0
    5人
  6. NEW
    0
    回答
    0
    2人
  7. NEW
    0
    回答
    0
    2人
  8. NEW
    0
    回答
    0
    3人
  9. NEW
    0
    回答
    0
    3人
  10. NEW
    0
    回答
    0
    3人

外壁塗装の豆知識

新着の質問
新着の質問

FACEBOOK
当サイトのfacebookページ

質問・相談する