上手な貼り方など徹底解説!窓ガラスに貼る断熱シートを知っていますか?

この記事の監修者

佐伯 明彦 (株式会社ソラ SOLA)

所有資格外壁診断士

外壁施工において構造性能や耐火耐久性能など外壁塗装をお考えの方に対して アドバイスをおこなっております。


「窓ガラスに貼る断熱シートがあると聞いたけど、実際のところどうなの?」
「窓ガラスに断熱シートを貼ろうと思っているんだけど、上手に貼れるか心配」

などといった不安を抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

窓ガラスに貼る断熱シートは、種類によって期待される効果が違います。
ご自宅の窓ガラスの形状によって適しているもの、適していないものがあります。

ということで、この記事では、窓ガラスに貼る断熱シートについて徹底的に説明をしていきたいと思います。

窓ガラスに断熱シートを貼るとどういった効果が得られるのか?
上手に貼る方法はあるのか?など隅々まで説明していきますので、ぜひ最後までお付き合いください。

それでは、いきましょう。

断熱シートとは?

まず、断熱シートの基礎知識について解説していきます。

なぜ窓ガラスに断熱シートを貼るのか?

家の外壁内部には、断熱材が入っていることが多く、熱が伝わりにくくなっているのですが、それでも熱が侵入しやすいといわれている場所が「窓」です。

熱は温度が高いところから低いところへ移動して、同一の温度になろうとする性質があります。
夏場は、冷房をつけると外気温が高いため温度の高い空気が部屋内部に侵入しようとしてきます。
冬は、暖房をつけると温まった空気が外で出ようとしてしまうのです。

そのため、窓ガラスに断熱シートを貼ると熱の侵入を防ぐことができ、部屋の温度を一定に保つ効果が期待できるのです。

断熱シートは大きく分けて3種類ある

断熱シートは、大きく3種類に分けられることができ、夏用・冬用・オールシーズン用があります。

ここからは、それぞれの用途と性能について説明していきます。

夏用 冬用 オールシーズン用
・冷房効果を高める。
・紫外線を遮断する。
・直射日光による熱を抑制する。
・断熱効果を高める。
・結露発生を抑制する。
・夏用と冬用の性能を兼ね備えたもの。

このように種類によって期待できる効果が違います、
冷房効果を重視したい方には、夏用をおすすめします。
とにかく断熱効果を重視したい方には、冬用をおすすめします。

すべての季節に対応してほしいという方は、オールシーズン用を選びましょう。

断熱シートを選ぶときのポイント

求める効果で断熱シートを選ぶ

断熱シートには、透明タイプと半透明タイプがあります。
純粋に断熱効果を求めるだけなら、透明タイプで問題ありません。
しかし、外から家の中をあまり見られたくないと考えている方には、半透明タイプのものがおすすめです。

さらには、柄の入ったデザイン性の高いものもあるので、部屋の雰囲気を変えたい方におすすめです。

断熱シートがNGの窓ガラスとは?

残念ながら、窓ガラスの種類によっては断熱シートが適さないものもあります。
どんな窓ガラスに断熱シートが合わないのか、ここから紹介していきます。

①熱線反射ガラス・熱線吸収ガラス
「熱線反射ガラス」は、ガラス表面に金属酸化物を焼き付けて生成されており、日射光線を反射する機能を備えています。

「熱線吸収ガラス」は、熱線を吸収する機能を備えているガラスです。
熱線を吸収するためガラスに伝わる熱の量を抑えることが可能です。

②網入りガラス
網入りガラスとは、ガラスの中に金網が入っているもので、地震や火災などの事故や災害によってガラスが破損したときに飛散を防止する効果を備えています。

③真空二重ガラス
真空二重ガラスは、一般のガラスと厚さが変わらないのですが、二枚のガラスを重ね合わせており、一般のガラスの約4倍の断熱効果を持っているといわれています。

真空二重ガラスは特殊な加工がされているため、温度変化によってガラスが割れる熱割れ現象が発生するため、断熱シートを貼るのに適していません。

断熱シートを貼るか検討している方は、家の窓ガラスがこれらの特殊なガラスでないか確認するようにしましょう。

窓ガラスに断熱シートを上手に貼る方法

ここからは、窓ガラスに断熱シートを上手に貼る手順を紹介していきます。

事前に準備しておくもの
必ず準備しておくもの ・断熱シート
・霧吹き
あると便利なもの ・作業用手袋
・定規
・マジックペン
・カッター
・雑巾

断熱シートを貼る作業には、霧吹きが必要になりますので、持っていない場合は、事前に100円ショップなどで購入しておきましょう。

あると便利なものは、家にあるものが多いと思います。
これらがない場合は、どれも簡単に安価で手に入れることができるので、準備しておくことをおすすめします。

窓ガラスに断熱シートを貼る手順

①ガラスの表面を掃除しよう
部屋内のガラスの表面には、ホコリや油分などが付着しているため、雑巾でキレイに拭き取ります。

②断熱シートを適切な大きさにカットする
断熱シートを窓に押し当てて、大きさを確認してマジックペンで印をつけていき、印をつけたところをカッターで切っていきます。

③ガラス表面に霧吹きで水を吹きかける
ガラスの表面に霧吹きでしっかりと水を吹きかけていきます。
水が垂れるくらい多めが適切な量になります。

④断熱シートをガラスの表面に貼り付ける
断熱シートをガラスに貼り付ける際、貼り付ける面が決められているので、間違わないように確認しましょう。

そして、窓ガラスの上部に断熱シートの角を合わせて、手のひらで軽く押しながら貼っていきます。

粘着力が足りない部分は、霧吹きで水をさらに吹きかけて貼り付けていきます。

⑤完了
貼り付けがうまくいけば、完全に乾燥するまで待ちましょう。
シートに剥がれが生じた場合、もう一度はがしても貼り付けることができます。

まとめ

ここまで窓ガラスに断熱シートを貼ることについて説明してきましたが、いかがでしたでしょうか?

少しは断熱シートについて参考になることがありましたでしょうか。
この記事によって、断熱シートに対する悩みや不安が解消されたのなら幸いです。

断熱シートの種類による効果の違いや、窓ガラスの種類によって断熱シートが合うのか合わないのか、しっかりと確認してから貼り付けて快適な生活空間を手に入れてくださいね。

関連コラム

外壁塗装の質問・相談をしてみる

アクセスランキング

  1. 1
    5
    回答
    10
    11778人
  2. 2
    2
    回答
    5
    10774人
  3. 3
    10
    回答
    6
    9806人
  4. 4
    2
    回答
    3
    9667人
  5. 5
    10
    回答
    2
    9029人
  6. 6
    5
    回答
    4
    8886人
  7. 7
    5
    回答
    6
    7953人
  8. 8
    10
    回答
    0
    7778人
  9. 9
    10
    回答
    5
    7518人
  10. 10
    3
    回答
    6
    6265人

新着の質問一覧

  1. NEW
    0
    回答
    0
    0人
  2. NEW
    0
    回答
    0
    1人
  3. NEW
    0
    回答
    0
    0人
  4. NEW
    0
    回答
    0
    0人
  5. NEW
    0
    回答
    0
    0人
  6. NEW
    0
    回答
    0
    0人
  7. NEW
    0
    回答
    0
    1人
  8. NEW
    1
    回答
    0
    1人
  9. NEW
    0
    回答
    0
    18人
  10. NEW
    1
    回答
    0
    5人

外壁塗装の豆知識

新着の質問
新着の質問

FACEBOOK
当サイトのfacebookページ

質問・相談する