ツートンカラーはおしゃれな外壁だからこそ選ぶコツと注意点を把握しよう!


家の外壁をリフォームする際に、塗装やサイディングなど様々な選択肢が出てくると思います。

いろいろと検討している中でせっかくの機会だから色をツートンにしてみてもいいのではないだろうか。と考える方も多いと思います。

いざ、ツートンカラーでやってみようと思ったとしても組み合わせを間違えると、ダサい外観になってしまうかも?と不安を感じて踏み切れない方も少なくないはず。

そこで今回は、おしゃれで満足のいくツートンカラーの外壁にするためのコツや注意点を隈なく紹介していきたいと思います。

ツートンカラーを検討中という方は、ぜひとも最後まで読んでみてください。

外壁塗装に関する質問を気軽にしてみよう!【登録不要!】

当サイトでは外壁塗装に関する質問を受け付けています。
登録不要ですので、お気軽にご質問ください(^^)

外壁をツートンカラーにする時に押さえて抑えておくべき6つのポイント

2色の比率は、6:4~7:3が基準

外壁をツートンカラーにするときには、2色の割合を6:4~7:3程度になるように施工してもらうことをおすすめします。

基準をこの比率にすることで、バランスが良く見えると言われています。

同系色を組み合わせると失敗しにくい

配色の失敗を防止するためには、無難かもしれませんが同系色でまとめるという方法も1つです。
白とグレー、グレーと黒、クリーム色とブラウンなどのカラーでまとめる建物が比較的多く見られるのは同系色で組み合わせると失敗しにくいからです。

セパレーションカラーで引き締め効果

同系色でまとめようとしてもうまくいかない場合や配色の対比が強すぎる場合には、2色の間にセパレーションカラーを入れてみましょう。

2色の境目となる幕板や雨樋などに違う色のラインを挟むことで、印象的なイメージにしてくれます。

セパレーションカラーの多くは隣り合う色とぶつかり合うことのない、白や黒に近い色を使用することが多いです。

3色を使用する場合にも比率に注意

外壁に用いるカラーは多くても3色くらいまでが理想と言われています。
3色使用する場合は、ベースカラー・アソートカラー・アクセントカラーとして比率を意識してデザインを考えるようにしましょう。

・ベースカラーとは…
塗装面積が一番大きいものを「ベースカラー」といい、全体の6割~7割くらいになるように構成を考えることをおすすめします。

隣り合う色合いにも、調和するカラーを選ぶのがベストです。

・アソートカラーとは…
ベースカラーの次に広く使うものを「アソートカラー」といい、全体の2割~3割くらいを目安に使用するようにしましょう。

ベランダやバルコニーなど出っ張った部分の色を変更する際に、採用されることが多いです。
ベースカラーを引き立てる相性の良い色を選ぶことが重要です。

・アクセントカラーとは…
玄関ドアや窓枠、破風板などに、アクセントとして色を入れたい場合に使用するものが「アクセントカラー」

全体の0.5割~1割程度に使用することをおすすめします。
少し個性を出したり、スタイリッシュな印象を与えたいときに用いられたりします。

淡く落ち着いたカラーを使用すると安心感がある

もしも3色以上を採用することになったのならば、白やクリーム、淡いピンクや薄いグレーなどの淡いカラーを用いると無難です。

オリジナリティを大切にして個性的になりすぎないように、落ち着いた色を最低1つは使うようにしましょう。

付帯部との相性も考えよう

軒天や雨樋などの付帯部との色との相性も大事です。
基本的には、同じ色で塗装をするか、セパレーションカラーを用いるかになると思いますので、しっかりと考えるようにしてくださいね。

雨樋を白から黒に変えるだけでも、家の印象が大きく変わることを覚えておいてくださいね。

ツートンカラーの塗り分けパターン

外壁をツートンカラーにする際の塗り分けパターンは、大きく分けて3つあります。

上下・水平に分ける

最も一般的な塗り分け方が、1階部分と2階部分と上下で水平に分ける方法です。

一番調和させやすい方法として知られており、下になる色を濃い色にすると落ち着いた印象になると言われています。

縦で垂直に分ける

シックでスマートな雰囲気に仕上げたいと考えている方には、縦に違うカラーのラインを入れて2色を垂直に分ける方法をおすすめします。

サッシなどとの色合いを考えて、色を選ぶことが大事です。

ベランダなど出っ張り箇所で分ける

バルコニー・ベランダ・玄関など、凹凸のある箇所の色を変更することによりモダンでハイセンスな雰囲気を演出することができます。

立体感が出るために、住宅を大きく見せることが可能です。

上記の水平や垂直に塗り分けるパターンと組み合わせてもおしゃれに仕上がります。

ツートンカラーと単色、どちらが高い?

基本的に外壁塗装の値段は、施工面積や材料の質によって変動するため、単色とツートンカラーに値段の差はほとんどありません。

外壁の色を2種類以上使用すると単純に金額が倍になってしまうのでは、と不安に感じている人もいらっしゃると思うので安心してください。

片側だけで紫外線を受けやすいという理由などで、1つの塗料のグレードを上げる場合や、高品質なサイディングを使用する場合は、その分だけ値段が上がってしまいます。

その他に、施工作業がとても複雑になる場合や、材料が余ってしまう可能性があるときに、業者によってはやや割高の見積書を出すこともあります。

総額がいくらくらいなのか不安になってしまうのならば、業者にあらかじめ予算を伝えておき、その範囲内でリフォーム可能か確認しておきましょう。

とにかく1度プロに相談してみよう

外壁をツートンカラーで塗装することを採用した際に、色選びで失敗しないためには、これまで書かせていただいたポイントを熟知している業者さんに相談して任せることが1番です。

色の組み合わせやバランスなど少しでも悩みがあるのならば、プロに相談しましょう。
わかりやすく様々な案を出してくれる業者も多くありますし、人気の色の組み合わせはどういったものなのか、過去にどのような施工事例があるのか、など気軽に質問してみましょう。

バランスが非常に大切になってくるツートンカラー。
経験豊富で信頼のおける業者を探し、相談しながら一緒に納得のいく配色を決めてみてください。

関連コラム

外壁塗装の質問・相談をしてみる

アクセスランキング

  1. 1
    10
    回答
    1
    16972人
  2. 2
    10
    回答
    2
    7783人
  3. 3
    10
    回答
    0
    7538人
  4. 4
    10
    回答
    3
    6620人
  5. 5
    2
    回答
    3
    6339人
  6. 6
    7
    回答
    3
    6241人
  7. 7
    10
    回答
    5
    5860人
  8. 8
    5
    回答
    6
    5325人
  9. 9
    3
    回答
    5
    4733人
  10. 10
    2
    回答
    1
    4412人

新着の質問一覧

  1. NEW
    0
    回答
    0
    3人
  2. NEW
    0
    回答
    0
    2人
  3. NEW
    0
    回答
    0
    1人
  4. NEW
    0
    回答
    0
    1人
  5. NEW
    0
    回答
    0
    3人
  6. NEW
    0
    回答
    0
    4人
  7. NEW
    0
    回答
    0
    2人
  8. NEW
    0
    回答
    0
    2人
  9. NEW
    0
    回答
    0
    3人
  10. NEW
    0
    回答
    0
    3人

外壁塗装の豆知識

新着の質問
新着の質問

FACEBOOK
当サイトのfacebookページ

質問・相談する