高圧洗浄とバイオ洗浄、何がどう違うのかを知っておこう


外壁塗装工事の際に、塗装前に必ずおこなわれる作業である洗浄。
外壁塗装に詳しい人なら、この洗浄という作業には2種類あることを知っているでしょう。

それは「高圧洗浄」と「バイオ洗浄」です。
何が違うのか簡単に説明をすると、水だけを使用する洗浄が「高圧洗浄」で薬品を使用する洗浄が「バイオ洗浄」になります。

洗浄は、塗装の仕上がりにも影響してくる大切な工程です。
そんな大切な洗浄の2種類の違いをこの記事で説明していきたいと思います。

詳しく知っておくと外壁塗装をしようとするとき、きっと役に立つと思いますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

高圧洗浄とバイオ洗浄の大きな違いとは

先述しました外壁塗装における洗浄という作業には2種類あり、それは「高圧洗浄」と「バイオ洗浄」となります。

まずは、この高圧洗浄とバイオ洗浄の2種類の大きな違いから説明していきます。
高圧洗浄とバイオ洗浄の決定的な違いは薬品を使用しているか、使用していないかの違いです。

通常の高圧洗浄は、水だけを使用して強い水圧によって汚れを落としていくのですが、バイオ洗浄の場合は、薬品を使用してコケ・カビ・藻などの細菌や植物などを根から除去していきます。

外壁の汚れの状態によって、高圧洗浄だけで汚れを取り除ける場合と、日当たりが悪く湿気が多い場所でコケやカビが繁殖しているのであれば、再発させないためにもバイオ洗浄を採用することがあります。

この塗装前の下地の状態をキレイにする洗浄作業が、外壁塗装工事には非常に重要なポイントになります。

小さな汚れや細菌などが残っている状態で塗装をしてしまった場合、その取り残された汚れが塗装に悪影響を及ぼして、すぐに剥がれる塗装になってしまうのです。

そのため、洗浄の工程で塗装面の隅々まで汚れを取り除いてキレイにできるかが、塗装の仕上がりを左右するので、洗浄はとても大事な工程なのです。

塗装に仕上がりを格段に良くする外壁洗浄の種類

外壁塗装における下地処理として大切な洗浄は、高圧洗浄とバイオ洗浄の2種類あります。
ここからは、それぞれがどういったものなのか詳しく説明していきます。

高圧洗浄とは

高圧洗浄は、水を高圧で噴射することで壁面に付着している汚れを落とす方法です。
高圧洗浄で必要な水に関しては、お客様の家の水道を使用することがほとんどです。

そのため、高圧洗浄では水道代をお客様で負担してもらうことになることを覚えておいてください。

バイオ洗浄とは

外壁の汚れには、カビやコケなどの菌類によるものがあり、それは水洗いだけでは取り除くことは困難なのです。
そして残ってしまった菌を元にして再発してくることがあります。

そうならないように、薬品を使うバイオ洗浄でカビやコケをしっかりと根本から死滅させて取り除いていきます。

【バイオ洗浄の効果と注意点とは】
バイオ洗浄の殺菌消毒作用は、カビやコケを根こそぎ取り除き、塗り替えしなくてもいいのではないかと思わせてくれるくらいキレイで真っ白な壁になります。

結果、下地と塗料の密着度を上げてしっかりと付着させることができるようになります。
そのことで塗料の性能を十分に引き出せるため、外壁・屋根の寿命を引き延ばすことに繋がります。

バイオ洗浄は特殊な洗剤を壁面に浸透させることで、こびりついている汚れを剥がれやすくするため、汚れを瞬時に吹き飛ばす高圧洗浄とは違い、建物への負担を最低限にして汚れを落とすことができます。

汚れをしっかりと落とさなければ隠れてしまう小さな傷やひび割れを早めに発見することができるメリットもあります。

バイオ洗浄をする際の注意点は、洗浄剤をしっかりと落としきれていないと塗料の付着を悪くしてしまうことと、バイオ洗浄は高圧洗浄よりも価格が高いため汚れのレベルと費用と相談しながら検討するようにしてください。

【バイオ洗浄って名前的に安全面は大丈夫?】
バイオ洗剤は、名前を聞いた印象では人体に悪影響を及ぼしそうな雰囲気があるかもしれませんが、カビやコケを分解する植物性の成分をメインにした洗浄剤なので、環境や人に配慮した安全性の高いものが多いです。

飲食店や家庭菜園などをやっていて安全性が高いと言われてもどうしても気になってしまうという人は、汚れのひどい箇所だけ使用するなど対策を依頼する際に業者に相談するようにしましょう。

食品を扱っている店舗などの場合、食品衛生法の規格基準に適したバイオ洗浄剤なのかを確認する必要があるため、施工実績の多い業者に依頼することをおすすめします。

カビやコケが繁殖していない場合、高圧洗浄だけで十分キレイになる可能性があります。
高圧洗浄かバイオ洗浄のどちらを選べばいいのかわからない場合も業者に相談してみましょう。

【バイオ洗浄の手順】
➀高圧洗浄機、バケツ、ホースなどの機材を準備して、防護服やゴーグルなどを装着する。

②水に濡らしてはいけない電気機器、表札、植物などをビニールで覆い養生する。

③洗浄面のすべてを高圧洗浄でたっぷりと濡らす。そのことで洗剤がしみ込みやすくなる。

④汚れの状態に合わせて洗剤の希釈度合いを変えながら、洗浄剤を洗浄面全体に均一に撒きます。

⑤洗剤を撒いたあと5~10分ほど浸透させてカビやコケを浮かせたら、高圧洗浄で水洗いをします。

洗浄に使用する水道代は家主負担になりますので、覚えておきましょう。

バイオ洗浄の費用は、洗浄剤の使用や養生費用など高圧洗浄に比べて工程が多くなるため、㎡あたりの単価が高圧洗浄よりも170円くらい高いです。

水道代は、高圧洗浄では洗い流しが1回ですが、バイオ洗浄は洗浄前と洗い流しの2回行われるので、単純に水道代が高圧洗浄の倍になります。

そうなるとバイオ洗浄がかなり高額に感じてしまうかもしれませんが、長期的にみるとメリットも多いため汚れの状態に合わせて選んでみてください。

状態に合った洗浄を信頼できる業者に依頼しよう

ここまで高圧洗浄とバイオ洗浄について説明させていただきましたが、いかがだったでしょうか。

家の汚れを放置しておくとさまざまな劣化症状の発生につながってしまいます。
外壁に汚れが目立ってきているがどちらの洗浄を選択すればいいのかわからない場合は、信頼できる業者を探して相談してみてください。

そうするとあなたにピッタリな洗浄ができると思います。

関連コラム

外壁塗装の質問・相談をしてみる

アクセスランキング

  1. 1
    5
    回答
    9
    9985人
  2. 2
    10
    回答
    6
    9500人
  3. 3
    10
    回答
    2
    8774人
  4. 4
    2
    回答
    4
    8676人
  5. 5
    2
    回答
    3
    8296人
  6. 6
    5
    回答
    3
    7898人
  7. 7
    10
    回答
    0
    7713人
  8. 8
    10
    回答
    5
    7376人
  9. 9
    5
    回答
    6
    7028人
  10. 10
    3
    回答
    5
    5734人

新着の質問一覧

  1. NEW
    0
    回答
    0
    0人
  2. NEW
    0
    回答
    0
    0人
  3. NEW
    0
    回答
    0
    0人
  4. NEW
    0
    回答
    0
    0人
  5. NEW
    0
    回答
    0
    1人
  6. NEW
    0
    回答
    0
    1人
  7. NEW
    0
    回答
    0
    1人
  8. NEW
    0
    回答
    0
    3人
  9. NEW
    0
    回答
    0
    1人
  10. NEW
    0
    回答
    0
    2人

外壁塗装の豆知識

新着の質問
新着の質問

FACEBOOK
当サイトのfacebookページ

質問・相談する