どっちがいいの?吹き付けorローラー塗装!

この記事の監修者

佐伯 明彦 (株式会社ソラ SOLA)

所有資格外壁診断士

外壁施工において構造性能や耐火耐久性能など外壁塗装をお考えの方に対して アドバイスをおこなっております。


突然ですが、外壁の塗り替えってどういった方法で塗装をするのか知っていますか?

刷毛やローラーで地道に塗装をしているイメージを持っている方、機械を使用してスプレー塗装をしているイメージを持っている方とさまざまだと思います。

機械を使ってスプレー状に塗装する方法を一般的に【吹き付け】と言います。

ここで気になる疑問が生まれてきます。

吹き付けとローラーなどの手塗り、どちらが良いのだろうか?

吹き付けと手塗り塗装について、さまざまな観点からこの疑問について説明していきたいと思います。

ぜひ最後までチェックして適した方法を選択するのに参考にしてください。

どっちが優れているの?吹き付けと手塗り

「吹き付けと手塗りって、どっち良いの?」と聞かれることがあります。
この疑問は、一概には正解がありません。

手際の良さは、圧倒的に吹き付け

外壁塗装での手際の良さという意味では、吹き付けのほうが圧倒的に優れています。

吹き付けを使用して外壁の広い面を塗装する際、スプレーガンならば肩幅くらいの面積が一気に塗装できます。

左右にホウキでサッ、サッとなでるような感覚で繰り返し動かすだけで、あっという間に広い面でも塗装ができます。

ローラーや刷毛では、塗装作業の動作が多く、塗料のペール缶の中でしっかりと塗料を含ませ、それから液だれをしないようにきちんと余分な塗料を切り、と吹き付けと比較すると塗装までの工程に差がでてきます。

この動作が省略できるのとできないのとでは、かなりの差が生まれます。
しかし、吹き付けは、そもそも一気に広範囲を塗装するための道具ではありません。

そのため、広範囲にスプレーをすると必ずといっていいほどムラが発生します。
結果、吹き付けでも小さい範囲を塗り重ねていく基本は手塗りと同じなので、手際の良さといっても少しの差しか生まれなく、あまり変わらないということです。

仕上げの重厚感も、吹き付け優位

吹き付け塗装は、外壁に重厚感を持たせることができます。

サイディング外壁が主流になる前は、「リシン」や「スタッコ」といった吹き付けによる仕上げが一般的でした。

少し古い住宅で、触れるとザラザラして擦ったら痛い、小石が混ざっているような外壁を見かけたことがあると思います。
あれが「リシン」と「スタッコ」です。

その他には、不ぞろいな水滴が潰れた感じの模様の外壁があるのですが、それも吹き付け施工によるものです。

いずれも吹き付けによって演出できる重厚感のある仕上げであるため、吹き付けの方が重厚感においては優れていると言えます。

周囲への配慮は手塗り有利

周囲への配慮は、吹き付けの方が大変です。

吹き付けは、細心の注意を払ったとしても塗料が周囲に飛散してしまうことがあります。
当然、塗装現場では飛散防止ネットがかけられていますが、塗料の粒子はとても小さいため、近隣の住宅まで飛散してしまうおそれがあります。

風がある日は確実に塗料が飛散するため、あらかじめ近隣の住宅には声かけをして洗濯物を取り込んでもらったり、車にはカバーをかけてもらうなど対応してもらわなければなりません。

このように吹き付けは、始めるまでが大変です。

しかし、ローラーや刷毛は手塗りなので、周囲への飛散の心配もほとんどありません。
結果、周囲への配慮では、手塗りの方が優れていると言っていいでしょう。

仕上がりの美しさに違いはあるのか?

住宅のような大きな建物でなくても、何かしら塗装をしたことがある方なら理解できることですが、スプレー塗装の方が刷毛や筆などで塗装するよりも仕上がりが美しいです。

プラモデルなどがわかりやすい例で、エアブラシを使用すると均一でムラがなく美しい塗装になります。

しかし、素人目には吹き付けも手塗りも仕上がりの美しさの差はわかりません。
それは、手塗りの道具の品質が向上していることが大きな要因です。

吹き付けが減り、手塗りが増えてきている?

今から20~30年ほど前は、一人前の外壁塗装職人は吹き付けができてからと言われていました。

昔は、それくらい吹き付けによる塗装がメジャーでした。

しかし、サイディングボードの台頭により、吹き付けの出番は下降の一途を辿ってしまいました。

サイディングボードによる外壁仕上げは、新築時は工場で塗装された製品を貼り付ける作業になります。

塗り替えのときも、手塗りの道具が改良されてかなり良くなっているため、ローラーの方が便利で適していると言われるようになり、吹き付けで塗装する職人は激減しました。

吹き付けをしたことがない職人がいるほど、需要が無くなってきています。

「吹き付けで」のリクエストは受け付けてくれるのか?

外壁塗装の打ち合わせの際に、「吹き付け塗装でお願いしたい」とリクエストした場合、受けてくれるのでしょうか?

吹き付けを行うかどうかは、基本的に業者の職人さんしだいです。
吹き付け塗装を強く要望したところで、吹き付けが適さないと判断されたのなら断られることでしょう。

それでも引き下がることなく仕上がりに関係なくしてほしいと伝えれば、ほぼ間違いなく吹き付けで塗装してもらえると思います。

しかし、吹き付けは周囲への配慮がとても大切になってきますので、注意が必要です。

吹き付けは、費用が高い?

吹き付けは、機械を使用して塗装をするため、イメージで費用がかなり高くなると思っている方も多いのではないでしょうか。

では、実際はどうなのでしょう?これから説明していきますので、いっしょに見ていきましょう。

人件費は吹き付けの方がかからない

人件費は、吹き付けの方がわずかに安いです。

なぜなら、吹き付けの方が早く終わるからです。

外壁塗装の費用は、基本的には塗装面積の広さによって決まるのですが、人件費も見積もり計算に含まれています。

そのため、早く施工が終わることで1日あたりの1人分の人件費が減ることになり、安くなる場合があります。

吹き付けは材料費が高くなる

吹き付けは、塗料が余分に必要となるという弱点があります。
吹き付けは、塗装する際に塗料が付着するまでに空気中に飛散してしまう分があるため、手塗りと比較すると20%くらい余分に塗料が必要になると言われています。

人件費では、少し安くなる可能性のある吹き付けですが、材料面で少し高くなることで、ほぼ差し引き0です。

結果、吹き付けでも手塗りでも費用は変わらないということになります。

吹き付けを採用するのなら経験豊富な外壁塗装業者に

上記でも少し説明させていただきましたように、現在では吹き付けの経験がある職人さんが圧倒的に少ないです。

そのため、もしもどうしても吹き付けで塗装を依頼したいのならば、吹き付け塗装の経験が豊富な塗装業者を選ぶ必要があります。

そのため、ホームページなどの施工事例を確認したり、直接問い合わせるなどで吹き付けを希望していることを相談してみるようにしてください。

関連コラム

外壁塗装の質問・相談をしてみる

アクセスランキング

  1. 1
    5
    回答
    10
    11433人
  2. 2
    2
    回答
    4
    10304人
  3. 3
    10
    回答
    6
    9744人
  4. 4
    2
    回答
    3
    9436人
  5. 5
    10
    回答
    2
    8996人
  6. 6
    5
    回答
    4
    8775人
  7. 7
    10
    回答
    0
    7768人
  8. 8
    5
    回答
    6
    7754人
  9. 9
    10
    回答
    5
    7490人
  10. 10
    3
    回答
    5
    6154人

新着の質問一覧

  1. NEW
    0
    回答
    0
    3人
  2. NEW
    0
    回答
    0
    5人
  3. NEW
    0
    回答
    0
    1人
  4. NEW
    0
    回答
    0
    4人
  5. NEW
    0
    回答
    0
    1人
  6. NEW
    0
    回答
    0
    2人
  7. NEW
    0
    回答
    0
    2人
  8. NEW
    0
    回答
    0
    2人
  9. NEW
    0
    回答
    0
    2人
  10. NEW
    0
    回答
    0
    1人

外壁塗装の豆知識

新着の質問
新着の質問

FACEBOOK
当サイトのfacebookページ

質問・相談する