ドローンで屋根を点検するって実際どうなの?


ドローン。
最近では、もう皆様の耳に馴染みのある言葉になっているのではないでしょうか。

知っていた方ももちろんいらっしゃったと思いますが、少し前までは「ドローン…なにそれ?」といった方がほとんどでしたような気がします。

ドローンとは、小型の無人航空機で撮影機能を搭載しているものもあり、人が入れなかったり、立ち入ることが難しいところまで自立飛行をして撮影ができるラジコンのような便利なものです。

そんなドローンを使用して建物の屋根の点検をすることが最近では増えてきています。

そういえば、近所の家でドローンを飛ばしているところを見た事があるという方もいらっしゃるかと思います。

今回は、そのドローンでの屋根点検について説明させていただきます。

「そもそもドローンで屋根の点検ってしっかりとできるの?」

「普通に屋根に上るほうが確実なのでは?」

と気になっている方のためにも、詳しく説明していきたいと思いますので、ぜひとも最後までお付き合いください。

外壁塗装に関する質問を気軽にしてみよう!【登録不要!】

当サイトでは外壁塗装に関する質問を受け付けています。
登録不要ですので、お気軽にご質問ください(^^)

ドローンを使用して屋根点検をするメリット

ドローンを使用して屋根の点検をすることには、大きな4つのメリットがあります。

このメリットの存在があるからこそ、ドローンを使う業者が増えてきています。
まだあまり馴染みがなくイメージしづらい方こそ、一緒に見ていきましょう。

安全かつ細かいところまで点検ができる

ドローンでの点検の一番のメリットは、やはり安全です。

屋根の上は、傾斜があるので滑りやすく危険が伴います。

屋根の上での作業に慣れている職人でも、足を滑らせて落下してしまう可能性は十分にあります。

事実、建設業においての死亡事故のうち、約4割が屋根や屋上からの落下事故なのです。

しかし、ドローンを使用することによって屋根に上らずに点検を行うことができるので、事故のリスクを大幅に減らすことができます。

台風などの災害後にもドローン点検を採用したりと、かなり安全に配慮して点検をすることができることから今後もドローン点検は増加していくことでしょう。

屋根材が割れる可能性がなくなる

劣化が進んでいる屋根に乗った際に、屋根材がひび割れてしまうことがあります。

これがドローンを使用することで屋根に上る必要がなくなるので、屋根材が割れる可能性がなくなります。

業者とともに状態をチェックできる

ドローン点検では、手元のタブレットや端末を見ながら業者と一緒に屋根の状態をチェックすることができます。

実際に屋根の状態を見ながら説明を聞けるので、安心・納得できます。

また、屋根に上って点検するよりも高い視点で全体を見渡しながら確認することもできるため、屋根のどこの部分が劣化しているのか把握することができるメリットもあります。

急な傾斜や3階建てなどの上れない屋根も点検可能

ドローンを使用することで、傾斜のきつい屋根や3階建てなどのはしごを使っても上れない屋根も点検することができます。

雨が降った翌日の濡れた屋根や塗装をしたばかりの屋根はとても滑りやすくなっていて、業者が点検困難な場合でも、ドローンさえあれば点検をすることができます。

ドローンを使用して屋根点検をするデメリット

ドローンでの屋根点検は、上記のような素晴らしいメリットもあるのですが、実際に上って点検するときと違ったデメリットも存在します。

デメリットを把握しておくことで、どのような点検方法を行うか選択肢の幅が広がります。

音がする

機種によって多少の違いはありますが、ドローンを飛ばすと音がします。

一般的にドローンが飛ぶときに発生する音の大きさは約80dB(デシベル)と言われており、それは電車の中にいるくらいの音で、室内にいればほぼ気にならないと思います。

ただ近隣と距離がかなり近いとなると、ドローン点検を行う時間帯には気を配るべきです。

応急処置・補修作業はできない

当たり前のことかもしれませんが、応急処置や補修作業は人の手で行うものなので、ドローンでの屋根点検の際はできません。

そのため、確実に応急処置が必要なほど劣化しているという場合は、ドローンではなく直接上って点検してもらうことをおすすめします。

飛行禁止区域は飛ばすことができない

ドローンを飛ばすには、航空法で定められた規則を守らなければなりません。

空港が近い、人口密集地などはドローンを飛行させることができない区域になっていることがあるので事前に確認するようにしてください。

場所によっては、飛行許可が必要になる場合があるので、業者に許可を申請してもらいましょう。

ドローンの屋根点検の費用相場

ドローンを使用して屋根点検をする場合は、屋根に上っての点検よりも費用が掛かる場合があります。

相場としては、業者によって差があるのですが大体5000~30000円くらいとなっております。
特にドローン屋根点検に力を入れているところは、点検の時点で費用が掛かることが多いです。

しかし、地域に根付いた業者などは、ドローン点検に関わらず屋根点検を無料で行ってくれる場合もあるので、依頼する業者に事前に確認しておくようにしましょう。

ドローン点検を依頼する業者の選び方

ドローン点検をしている業者の中でも、良い業者に依頼したいと思いますよね。

ここからは依頼すべき業者選びのポイントを紹介していきます。

事前に近隣に挨拶をしてくれる

点検前にしっかりと近隣住人に挨拶を行ってくれるかどうかを確認しましょう。

ドローンは少なからず音が鳴ります。
上空からの撮影になりますので、近隣との距離が近いと近隣の住まいも写ってしまう場合がありますので、事前にそのことについて説明をしてもらいましょう。

一言「これから点検を行います」と挨拶してくれるだけでも、近隣からのイメージが違ってきてトラブルなく終える可能性が高くなります。

点検時に撮影した写真をくれる

点検を行った際に撮影した写真をすべてもらえるのかどうか確認をしましょう。

その場で一緒に確認できることも大事ですが、記録として残しておくことで、ビフォーアフターを確認することができます。

そのため、たくさん撮影して写真をくれる業者に依頼しましょう。

まとめ:メリット・デメリットを把握して信頼できる業者に依頼しよう

ここまでドローンによる屋根点検について説明してさせていただきました。

メリットやデメリット、費用などそれぞれを把握して皆様の状況と照らし合わせてからドローン点検が適していると考えられるのならば、信頼できる業者に依頼するようにしましょう。

関連コラム

外壁塗装の質問・相談をしてみる

アクセスランキング

  1. 1
    5
    回答
    9
    9985人
  2. 2
    10
    回答
    6
    9500人
  3. 3
    10
    回答
    2
    8774人
  4. 4
    2
    回答
    4
    8677人
  5. 5
    2
    回答
    3
    8296人
  6. 6
    5
    回答
    3
    7898人
  7. 7
    10
    回答
    0
    7713人
  8. 8
    10
    回答
    5
    7376人
  9. 9
    5
    回答
    6
    7028人
  10. 10
    3
    回答
    5
    5734人

新着の質問一覧

  1. NEW
    0
    回答
    0
    0人
  2. NEW
    0
    回答
    0
    0人
  3. NEW
    0
    回答
    0
    0人
  4. NEW
    0
    回答
    0
    0人
  5. NEW
    0
    回答
    0
    1人
  6. NEW
    0
    回答
    0
    1人
  7. NEW
    0
    回答
    0
    1人
  8. NEW
    0
    回答
    0
    3人
  9. NEW
    0
    回答
    0
    1人
  10. NEW
    0
    回答
    0
    3人

外壁塗装の豆知識

新着の質問
新着の質問

FACEBOOK
当サイトのfacebookページ

質問・相談する