不安だから聞いてみたい!外壁塗装工事中ってエアコン使えるの?

この記事の監修者

佐伯 明彦 (株式会社ソラ SOLA)

所有資格外壁診断士

外壁施工において構造性能や耐火耐久性能など外壁塗装をお考えの方に対して アドバイスをおこなっております。


「外壁塗装工事を依頼しようと思っているのだけれど、工事中のエアコンって使えるの?」

という疑問をよく耳にすることがあります。

日常生活において、エアコンが使えなくなるというのは誰もが不安にかんじてしまうことの1つだと思います。

特に夏や冬なら尚のことです。

エアコンが使えなくなることを業者から事前に知らされてなく、工事期間中に突然「明日からエアコンが使えません」なんて言われてしまった日にはもはやパニックです。

家庭の状況によっては、かなり困惑してしまう方もいると思います。

この記事では、外壁塗装工事中にエアコンが使えるかどうか?どうすれば外壁塗装工事中でも快適に生活を送れるかどうか?を詳細に伝えていきますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

外壁塗装に関する質問を気軽にしてみよう!【登録不要!】

当サイトでは外壁塗装に関する質問を受け付けています。
登録不要ですので、お気軽にご質問ください(^^)

なぜ外壁塗装工事中はエアコンが使えなくなることがあるのか?

建物の周りで多くの作業をする外壁塗装工事では、外壁や屋根まわりに設置されている【エアコンの室外機】【給湯器】【換気口】などは、作業の邪魔にならないように養生する必要性があります。

外壁塗装を行うときは、エアコンが使用できないことがあると想定して、日々の過ごした方を考えておくべきです。

エアコンの室外機は養生シートで覆われてしまう

まず養生とは、塗料や高圧洗浄の水が飛び散ってしまったときに、建物の周りの付着してはいけないところに、マスキングテープやビニールシートで覆って付着しないようにすることです。

養生作業は、外壁塗装工事において非常に重要な作業の1つで、どんな家の塗装作業でも行われる必須工程です。

普通、養生作業は作業手順に応じて養生箇所を切り替えながら行われます。
室外機やガスの給湯器などは外壁といっしょに塗装しないので、外壁を塗装する間は、シートで覆われ養生されています。

エアコンを使用したいからといって、養生で覆われている状態の室外機を動かしてしまうと、故障の原因やシートの破損などに繋がってしまうので、エアコンを使用することができません。

ホースが取り外される場合がある

エアコンは、配管ホースを外壁に開けられた穴に通して室外機と室内機を繋いでいます。

この配管ホースは、外壁に沿って固定されていることが多く、ホールで隠れている箇所を塗るときに、状況に応じて取り外す場合があります。

ホースを取り外さなくても塗装ができるときは、室外機と同様に配管ホースを養生するだけで作業する場合もあります。

室外機やホースを塗装してもらえる場合がある

室外機やホースに汚れやサビが発生しているときは、塗装業者で違うのですが、オプションで塗装や清掃をしてくれることがあります。

中には、室外機やホースの汚れや劣化がひどくなければ無料で補修してくれる業者もあるようです。

契約書上にない項目に手を加えることはトラブルの原因になるという考えで、エアコンの室外機やホースの補修をあえて受けない業者もいます。

すべての業者がエアコン周辺の補修を快諾してくれるわけではないので、もしも外壁以外にエアコン周辺の補修もお願いしたいのであれば、見積もり依頼時に業者に相談してみましょう。

エアコン周辺の補修例は、

補修項目 内容
ホースなど接続部のサビ除去 ホースを外壁に固定している接続部材、室外機の脚など、金属部にサビが発生しているときは、サビの除去と防サビ塗装をしてもらえることがあります。
ホースの補修 エアコンホースの表面の塗装が紫外線などで劣化しているときは、塗り替えをしたりテープを巻いたりして補修をしてもらえたり交換してもらえたりすることがあります。
室外機やホースの汚れの清掃 室外機やホース周辺が泥やホコリで汚れていると、外壁の高圧洗浄や下地処理のときに清掃してくれることがあります。
ホースを通している壁の穴の補修 エアコンホースが通っている穴が、外的要因や経年で劣化して隙間が出来てしまっていると、虫や小動物が浸入してしまったり、ホース内部に巣を作ってしまったりするので、パテなどで埋めて補修をしてくれることがあります。

工事期間中、いつからエアコンを使えるの?

外壁塗装工事はいくつかの工程に分かれていて、エアコンが使用できなくなるのは、その中でも数日のことです。

そのため、工事期間中のスケジュールを把握しておけば、エアコンがいつまで使えないのか不安に感じることもないでしょう。

外壁塗装工事のスケジュールを把握しておこう

雨などのトラブルで延期にならなければ、一般的な戸建て住宅の外壁塗装工事期間は、12~16日程度です。

必ずしも期間中に完全にエアコンが使用できなくなるとは限りません。

エアコンが使用できない作業と期間

外壁塗装工事の中でエアコンが使用できなくなる工程は、高圧洗浄作業と養生されてから塗装が終わるまでの2つの期間です。

業者によっては、トラブル防止のため、すべての工事が完了するまでエアコンが使用できないとするところもあります。

しかし、最近では施主の生活の快適性を考慮してくれる業者が多くなってきているので、実際にいつからどれくらいの期間エアコンが使えなくなるのか直接業者に確認するようにしましょう。

【どうして高圧洗浄中はエアコンが使えないのか?】
高圧洗浄作業は、高圧洗浄機で外壁に付着した汚れやカビなどを勢いよく水で洗い落とす作業のことです。

外壁塗装工事の中の重要な作業の1つで、汚れを落とすことで下地処理や塗装の効果を最大限に引き出すことになります。

高圧洗浄は、大量の水を外壁に勢いよく噴射するので、水しぶきがかなり飛散します。

そのときに、エアコンの室外機に大量の水が浸入しないように養生しなければならないため、高圧洗浄中はエアコンは使えなくなり、洗濯物も干せないです。

【どうして養生後塗装が終わるまでエアコンが使えないのか?】
上記の高圧洗浄中よりも本格的にエアコンが使用できなくなるのは、養生を開始してから塗装が終わるまでの間です。

建物への養生作業は、1日で完了するのですが、養生は塗装を安全に行うために必要なものなので、塗装作業が完了するまでは外せません。

それゆえ、塗装がすべて終わるまでエアコンを使用することができないのです。

しかも、外壁塗装工事の塗装作業は、塗料によっては3度塗りとそれぞれの乾燥を行う期間が必要なことも覚えておきましょう。

エアコン使用を配慮してくれる業者に依頼しよう

外壁塗装工事は、足場で囲まれ、窓もシートで養生されてしまい、とても息苦しくなるのでエアコンが使用できないと、かなり生活しづらいです。

そのため、近年ではエアコン使用に配慮してくれる業者が増えてきました。

エアコンに配慮してくれる業者の例

エアコン使用に配慮してくれる業者は様々な工夫を凝らしてくれるので、見ていきましょう。

【室外機だけ特殊な養生をする】
最近では、カバーしたままでもエアコンを使用できる養生材も登場しています。

塗料が入り込まない程度の特殊な通気口があり、この穴によって養生したままでも室外機を動かせます。

しかし、使えるところが限定されており、室外機に合わないと使用されないことなどから、仕入れていない業者も多いです。

使用できるかどうか見積もり依頼や打ち合わせのときに業者に相談してみましょう。

特殊な養生材なので、オプション価格として設定されている場合があり、費用が少し高くなる可能性があるので、確認しておきましょう。

【優先的に室外機付近を塗装】
室外機を早く使用できるように、室外機周辺から塗装を行ってくれる業者もありますが、施工手順は業者によって大きく違います。

室外機付近から塗装することによってミスの発生原因になってしまうと考えている業者は、室外機付近からの塗装はやってくれません。

【工事スケジュールを随時伝えてくれる】
良心的な業者だと、毎日の進捗状況を必ず伝えてくれます。

エアコンが使用できない期間も具体的に教えてくれるので、不安も少ないです。
このような業者に依頼することが、工事期間中を快適に過ごす第一歩です。

業者と念入りに打ち合わせをしよう

エアコンが使用できなくなるのは、工事期間中の短期間だけです。
わかっていたとしても、できれば少しでも長くエアコンを使用したいというのが本音だと思います。

エアコンの使用期間を少しでも長くしてくれる業者に依頼すべきなのですが、業者によっては作業工程を変えることを嫌がる業者もいます。

施工品質を守るための作業工程のこだわりなら理解できるのですが、手抜き工事をしたいがために作業工程を変更したくない悪徳な業者もいます。

このことから、やはり工事期間中も施主が快適に日常生活を送れることを配慮してくれるかどうかを基準に選んでみることも一つの方法です。

【養生をしている状態が長いと感じたら聞いてみよう】
養生をもう外してもいい段階なのでは?と感じたら、業者にエアコンを使用しても大丈夫なのかどうかを聞いてみましょう。

単純に外し忘れているだけという場合もあれば、事情によりまだ養生を続けている場合もあります。
どちらにしても、何かしら説明を受けるために聞いてみましょう。

養生は、作業工程が変わるたびに、量や場所を見直すことが本来良いとされているので、いつまでも養生を放置しておくことは作業品質を疑う1つの要因になると思いますので、業者に聞いてみることをおすすめします。

【塗装業者が電気工事士の資格を持っている】
塗装業者の中には、屋根の工事の1つとして太陽光発電の設置をするときも多いため、「電気工事士」の資格を持っている場合があります。

エアコンの取り扱いの中には、電気工事士にしかできない部分もあります。
もしも依頼した業者が有資格者ならば、お使いのエアコンそれぞれの特徴を把握して、使用できる期間・できない期間を詳細に伝えてくれるでしょう。

まとめ:施主の日常生活の快適さを優先してくれる業者を選ぼう

外壁塗装工事中は、短期間ですがエアコンが使用できなくなります。
そのため、工事期間中の生活に不安を覚えてしまうものですが、工事期間のスケジュールとエアコンが使用できなくなる理由をきちんと把握していれば、使用できない期間の過ごし方などを事前に対策できるので、不安もいくらか減らすことができるでしょう。

窓も開けられずにエアコンも使用できなくなる外壁塗装工事の中で、少しでも快適に生活を送れるように配慮してくれる業者に依頼することが一番です。

エアコンの使用について、見積もり依頼の段階で質問してどういう対応をしてくれそうなのか調べておきましょう。

外壁塗装に関する質問を気軽にしてみよう!【登録不要!】

当サイトでは外壁塗装に関する質問を受け付けています。
登録不要ですので、お気軽にご質問ください(^^)

関連コラム

外壁塗装の質問・相談をしてみる

アクセスランキング

  1. 1
    5
    回答
    11
    12458人
  2. 2
    2
    回答
    6
    11472人
  3. 3
    2
    回答
    3
    10198人
  4. 4
    10
    回答
    6
    10062人
  5. 5
    5
    回答
    4
    9072人
  6. 6
    10
    回答
    2
    9069人
  7. 7
    5
    回答
    6
    8272人
  8. 8
    10
    回答
    0
    7788人
  9. 9
    10
    回答
    5
    7565人
  10. 10
    10
    回答
    0
    6938人

新着の質問一覧

  1. NEW
    0
    回答
    0
    2人
  2. NEW
    0
    回答
    0
    2人
  3. NEW
    0
    回答
    0
    4人
  4. NEW
    0
    回答
    0
    6人
  5. NEW
    0
    回答
    0
    5人
  6. NEW
    0
    回答
    0
    2人
  7. NEW
    0
    回答
    0
    2人
  8. NEW
    0
    回答
    0
    3人
  9. NEW
    0
    回答
    0
    3人
  10. NEW
    0
    回答
    0
    3人

外壁塗装の豆知識

新着の質問
新着の質問

FACEBOOK
当サイトのfacebookページ

質問・相談する