知恵袋のような質問・口コミ投稿サイト 外壁塗装の知恵ノートTOP > 知識ノート > うまい話には裏がある!外壁塗装の真に受けてはいけない話

うまい話には裏がある!外壁塗装の真に受けてはいけない話


「めでたく家を建ててから早10年が経過し、そろそろ外壁を塗装しなおさないとな」

と考えているそこのあなた。

同時にこうも思っていませんか?
「家を綺麗に塗り替えたいんだけど、基本的に値段が高いんだよな~そんな余裕もあまりないし」

みたいな。

そうなんです。
外壁塗装ってやはり家のことなので基本的に安い買い物ではないのです。

ので、施主の皆様は少しでも安い業者に依頼しようと考えてしまいがちです。

しかし、その考えちょっと待ってください。
その考えのまま激安な業者に依頼してしまうと後々とんでもないことになってしまう可能性があります。

悪徳業者は、基本的に大きな金額が動く外壁塗装の逆手をとって安さを売りに契約をとるだけとってしまい、あとはいい加減にとしてしまうパターンが多いです。

安いには安いなりの大きな理由があるのです。

今回、この記事ではそういったうまい話には裏があるといったことを紹介していきたいと思いますので、これから外壁塗装を考えている皆様は最後まで読んでいただきこれからの対策の参考にしてください。

それでは、見ていきましょう。

外壁塗装工事の格安にはとにかく要注意!

外壁塗装工事の見積もりを依頼した際に、下記のようなことを言ってくる業者に出会ったとしたら注意してください。

「人件費と営業費をかなり抑えているので、ギリギリまで費用を下げることができます」
「塗料を大量に仕入れているので材料費をかなり安くできます」
「ちょうど格安キャンペーンを実施していまして」
「今、繁忙期ではないので激安価格で施工させていただいています」
「うち独自の塗料と技術を使用しますので、ほかよりも格安で工事できますよ」

こんなことを言われたら「そんなにお得になるなら」とテンションが上がって契約してしまいそうになるものです。

しかし、これらはすべてあり得ないことです。
こんな事が成り立つのならどこの業者も行うでしょう。

きちんとした工事を行う外壁塗装業者で、かなり格安で工事を行うことは不可能なのです。

しっかり丁寧にやるとなると絶対にかかってくる費用があり、人件費と材料費で半分を占めてしまいます。

それにプラスで費用がかかってくるものの3つで外壁塗装工事は形成されています。

それでは、ここからは外壁塗装工事を構成している3つの項目の詳細と、格安にならない理由を説明していきます。

材料費

業者により外壁塗装工事の費用に差が出るのは、塗料の材料選びによります。

一般的な業者であれば、シリコン塗料で見積もりをするところを、悪徳業者はグレードの低いアクリル塗料をチョイスしたりします。

アクリル塗料は、塗料の中でも安くランクが低いものです。
安いからいいじゃないかとおもってしまいがちですが、そのぶん耐用性が低く、他の種類の塗料よりもはやく塗膜が劣化してしまいます。

格安で見積もりと出してくる業者は、そんなことお構いなしでアクリル塗料を選んできます。
格安にしてくれたわけではなく、こちらに知識がないと思い、もともと安い材料を選んでいるだけなのです。

契約を結んでとりあえずその場がキレイに仕上がれば、後々のことは格安悪徳業者にはどうでもいいのです。

そのような業者に依頼しないようにしてくださいね。

経費

経費とは、電話代やガソリン代など工事に係わる現場担当者の費用です。

しっかりとした業者は、外壁塗装のメンテナンスであってもしっかりと管理してくれますので、当然費用が発生します。
工事費に対して、1割程度が大体の相場です。

格安で見積もりを出してくる業者は、なぜか経費を多く見積もったり、まったく計上していないことがあります。

逆に、一式見積書にちゃっかり含まれていることが多くあります。

一式見積書しか作成できない格安業者には絶対に依頼しないようにしましょう。

建築工事費用の基本は面積に単価をかける

建築工事のほとんどは、外壁面積に塗料の単価をかけて見積もりを算出します。

一式という作り方は実際に存在するのですが、そのほとんどが3㎡以下の小さな面積に対する工事の見積もりです。

外壁塗装工事の場合は、面積が大きいので一式という計算の仕方は本来しません。
一式見積もりを出してくる格安業者は、一般の業者と比べて根本的に考え方が違います。

ですので、一式見積もりを出してくる業者の中に優良業者は存在しません。

独自の係数で一式の見積書を作る

格安業者は、外壁の面積に独自の係数をかけて見積金額を出します。
独自の方法で見積もりを出す業者は、他の業者より格安です。

けれど、柿安な根拠は見積もり担当者でもわかっていないことがほとんどです。

その会社独自の係数なので、言われたまま計算しているだけです。
このような独自の一式見積もりを作り、さらに格安で下請け業者に投げて外壁塗装工事をします。

これでよい外壁塗装になるなんてことがあるわけないです。

根拠のない単価で計算した見積もりではまともな外壁塗装にならない

どこのメーカーのどんな塗料を使用するのか、下地は何を使用するのか、それぞれの単価で計算して合計金額を出していくのが外壁塗装工事の見積もりの基本です。

それが出来ない業者は、まともな材料、まともな仕事をしません。
間違いなく工事後数年で塗膜が剥がれてくることでしょう。

格安を武器に訪問販売をしてくる業者によくあることです。

誤解しないでいただきたいのが、訪問販売すべてが悪徳業者というわけではありません。
しかし、訪問販売を行っている業者に多く見られることもまた事実なので、簡単に信用しないように注意するようにしてください。

見積書に具体的な塗料や工法の記載がないと依頼はやめておこう

外壁塗装工事の見積書は、工事で使用する塗料や種類を明確に記載することが基本です。

知識のない一般のお客様が記載されている種類を確認したとしても、あまりピンとこないと思いますが、見積書の単価にした証拠として必要ですので、普通はどの業者も記載します。

ですが、悪徳格安業者の場合は、具体的な記載はしません。
どうして具体的に記載しないのか、その理由をここから説明していきます。

使用する塗料を理解・把握していない

使用する塗料の種類がわかっても「あえて書かない」

格安で外壁塗装をする業者は、見積書に使用する塗料の種類を明記してしまうと、安い塗料を使用していることがバレてしまいます。

それを恐れて、あえて詳細を書かずに工事を請けることを企んでいます。

見積書の判断基準を作らないため記載しない

塗料の種類の記載がないと、どんな塗料を塗るのかまったくわかりません。

単価が記載されていたとしても、単価の根拠がないので見積もりの判断ができません。

もしも記載がなくても、問い合わせると教えてくれる業者がほとんどです。
万が一、塗料の種類などの詳細な記載がなかったとしても、焦らずにまずは業者に問い合わせていましょう。

そこで即答してくれない業者だとしたら信用できないと判断して依頼はやめておきましょう。
教えてくれたとして、安いアクリル塗料などを使用する予定なのならば、シリコン塗料以上に変更してもらうことをおすすめします。

格安業者は下地処理を怠ることが多い

外壁塗装のリフォームは、下地処理がとても重要になってきます。

「下地処理なんて必要ない」という声を耳にしたことももしかしたらあるかもしれませんが、下地処理は間違いなく必要で重要です。

塗膜との密着性を高めるため

外壁塗装のリフォームにおいて既存塗膜との密着性はかなり大切です。

ですので、新築時よりも手間がかかります。
密着性を高めなければ、新たな塗膜が浮いて劣化が進んでしまいます。

塗膜が浮いて劣化を促進させないためにも、下地処理は丁寧に行う必要がありますし、必要ないなんてことはありえません。

下地処理は時間も費用もかかるけれど必要

下地処理の相場は、㎡あたり300円~500円です。
汚れ落としや高圧洗浄などなどさまざまな下地処理をしたのちに、塗装の工程にうつります。

高圧洗浄やパテ処理などが必要となる場合は、下地処理だけでも1日の時間が必要となります。

外壁塗装のリフォームは、一般的に新築から10年以降に行うことが多いです。
ですので、基本的には下地処理を行うことがほとんどです。

下地処理が無いと、時間も費用もその分かからないので格安になります。
しかし、それでは数年後早々に塗膜が剥がれてくることでしょう。

塗布する塗料の耐用年数を維持するためには、きちんと下地処理をして時間をかけて工事を行ってくれる業者に依頼するようにしてください。

まとめ:格安塗装業者への依頼はやめておこう

激安を売りにしている外壁塗装業者がどうして激安なのかを少しでも理解してもらえたと思います。

安いのには、それなりの悪い理由があるのです。
外壁塗装工事において基本的には「安かろうは悪かろう」だと思っておいてください。

逆にかなり高額な金額を提示してくる業者もいますので、相場を知っておくことが大事なってきます。

なので、3社ほど信頼できそうな業者から見積もりを出してもらうようにしましょう。
比較することである程度相場を知ることができます。

これまで紹介させていただきました項目をふまえて適正な価格でしっかりと記載すべきことを明記してある見積書を提示してくる業者に工事を依頼するようにしてくださいね。

外壁塗装の質問・相談をしてみる

アクセスランキング

  1. 1
    10
    回答
    0
    14984人
  2. 2
    5
    回答
    102
    6215人
  3. 3
    10
    回答
    2
    5714人
  4. 4
    2
    回答
    3
    4534人
  5. 5
    7
    回答
    3
    3891人
  6. 6
    5
    回答
    5
    3767人
  7. 7
    3
    回答
    4
    3576人
  8. 8
    10
    回答
    0
    3512人
  9. 9
    2
    回答
    1
    3188人
  10. 10
    2
    回答
    0
    2892人

新着の質問一覧

  1. NEW
    0
    回答
    0
    0人
  2. NEW
    0
    回答
    0
    0人
  3. NEW
    0
    回答
    0
    0人
  4. NEW
    0
    回答
    0
    0人
  5. NEW
    1
    回答
    0
    0人
  6. NEW
    0
    回答
    0
    0人
  7. NEW
    1
    回答
    0
    0人
  8. NEW
    1
    回答
    0
    0人
  9. NEW
    1
    回答
    0
    0人
  10. NEW
    1
    回答
    0
    0人

外壁塗装の豆知識

新着の質問
新着の質問

FACEBOOK
当サイトのfacebookページ

質問・相談する