回答数
2
閲覧数
12人
0

外壁塗装の補助金について

2021/12/03 11:23:36

このエントリーをはてなブックマークに追加

私は10年前に新築の自宅を購入しました。現在の外壁は購入当初にお金をそこそこ掛けたので10年経った今でも外観は綺麗に保つことができていました。

先日、外壁塗装について詳しい知り合いに聞いたのですが、外壁塗装はいくら綺麗に見えていても10年くらいが耐久性の限界ということを聞きました。また、その適正の期間を超えてから工事に踏み切ると実際の相場よりも費用がかなり高くついてしまうという話を聞き、自宅の外壁について最近考えることが増えています。調べていると、外壁塗装の工事費用に関しては補助金や助成金が下りることがあるという話を目にしました。

活用をできるならば、費用を安くすることができるので是非とも利用したいと考えています。しかし、実際に外壁塗装を行うに当たって、考えなければいけない点も多いなと考えています。具体的に、助成金の使い方、申請の仕方や外壁塗装をお願いする業者はどこが良いのか、複数の外壁塗装業者間の見積もり比較からコストの最適化といったいくつかの要素を見比べた上で総合的に判断をしていきたいと思っています。

以上のことから、実際にはどのように助成金、補助金を申請したら良いのか。また、本当に無駄なコストを払うことなく、最適な費用で外壁塗装を検討するのに注意するべき点は何かということが現在の悩みです。

詳しい説明を専門の方から聞いてみたいと思っています。また、私自身に最適な外壁塗装業者を推薦してやサービスなどもあれば利用してみたいなと思います。

違反報告

質問への回答一覧2

  • ディズニーシーさん
    2021/12/06 17:29:48

    0

    家の外壁や屋根の塗装工事に関する助成金や補助金は国で設けられている制度ではありません。
    そのため、現在住んでいる自治体によって助成金・補助金の有無が異なります。

    ちなみに全国の約3分の1の市区町村が外壁塗装に利用できる助成金制度を設置していて、申請者に最大20万円程支給しているようです。

    外壁塗装で助成金・補助金を受けるための条件は以下になりますので、近い内に外壁塗装をご検討されている方はご確認ください。


    ・地域の工事業者の振興…現在住んでいる自治体に所在する業者に工事を依頼すること

    ・エコ住宅の推進…遮断と断熱塗料を使って外壁塗装を行うこと

    ・若者定住の促進…申請者の年齢が一定以上若いこと(40~50歳以下)

    ・多世代同居の促進…親世帯と子世帯が同居または近居を始めるためのリフォームであること

    ・空き地活用の促進…空き地の所有者もしくは空き地を購入または空き地を借りて住む移住者が依頼する工事であること

    どれか1つでも当てはまっている且つ、現在住んでいる自治体が外壁塗装による助成金・補助金に対応していれば貰える対象になります。

  • takashさん
    2021/12/06 17:20:05

    0

    まず、外壁塗装の補助金に関しては市で支給されているケースが一番多くなっています。

    また、補助金については返済する必要が無く、応募後に審査を通らなければなりません。
    そして、建物の条件や対象の人が定められている場合があるので注意が必要です。

    また、工事前に補助金を申請することが大事なポイントとなっています。

質問に回答する


匿名さん
未ログイン

※1,000文字まで入力可能

回答するにはログイン/会員登録が必要です!

ご登録メールアドレス
パスワード

(新規登録はこちら)

関連する質問一覧

外壁塗装の質問・相談をしてみる

外壁塗装の豆知識

新着の質問
新着の質問

FACEBOOK
当サイトのfacebookページ

質問・相談する