回答数
3
閲覧数
72人
0

リフォームのナカヤマに工事を依頼しましたが

2017/09/12 11:29:48

このエントリーをはてなブックマークに追加

リフォームのナカヤマに工事を依頼しましたが、工事は雑で1ヶ月以上経っても終わっていません。
工事内容は①外壁塗装②屋根下の一部の軒板の交換③床の張り替え④システムキッチンの交換⑤瓦屋根のズレ直し⑥雨樋の交換です。
工事は終わっていませんし、不具合も出てきています。
①床を張り替えた工事で、風呂場のドアの開け閉めがしにくくなった。②屋根下の軒板の塗装工事で、板がふやけてしまいボロボロになった。
③瓦屋根のズレを直してもらったが、以前よりも酷くなった。
不具合についてはナカヤマに直してもらえますよね?
「工事が完了したら、一旦代金を支払ってください」と強調して言ってくるので、うやむやにされそうで…。

違反報告

質問への回答一覧3

  • 桝本さん
    2017/09/17 15:17:18

    0

    この会社、下請けの業者にも代金を支払っていないんですって。
    最悪の会社に頼みましたね。営業マンも契約獲るまで帰らせてもらえないとか聞きますし、はやく工事して代金支払ってもらわないと困るんですよ。
    払わなくていいんじゃないですか?

  • 安田444さん
    2017/09/16 14:09:33

    0

    完工支払してしまうと逃げられますよ。リフォームのナカヤマは有名な悪徳業者です。
    業者ややった工事で不具合があれば、当然業者が責任をもって直すべきなので、そのことをしっかりと相手に伝えてください。
    その上で、直すまで支払わない姿勢を貫くべきだと思います。

  • kikutaさん
    2017/09/15 14:03:45

    0

    工事自体に問題がある場合、瑕疵となりますので、是正工事の対象となります。
    よって、工事の日程や方法等を決めて工事を行う責任が発生します。
    その時に重要なのは是正工事の約束を施工業者と交わし、さらに文書で証拠を残しておくことです。

    「代金を払ってください」と言われる理由をお伝えすると、工事が完工すると施主には支払いの義務が発生しますので、目的物が完成した、又は契約に基づいたやるべき工事が終了したことで完工となります。
    しかし、瑕疵担保責任を知らない業者はとにかく「代金回収」を訴えてきます。
    落ち着いて対処してください。心配なのであれば消費者センターに相談しながら進めることをお勧めします。

    是正工事をしてもらえなくとも損害賠償を請求できますので、是正工事を約束した文書さえあればあなたの方が強い立場になりますので頑張ってください。

質問に回答する


匿名さん
未ログイン

※1,000文字まで入力可能

回答するにはログイン/会員登録が必要です!

ご登録メールアドレス
パスワード

(新規登録はこちら)

関連する質問一覧

外壁塗装の質問・相談をしてみる

外壁塗装の豆知識

新着の質問
新着の質問

FACEBOOK
当サイトのfacebookページ

質問・相談する