回答数
2
閲覧数
189人
0

外壁と屋根のリフォームをしたいと思っていま

2018/05/18 00:10:02

このエントリーをはてなブックマークに追加

外壁と屋根のリフォームをしたいと思っています。
ラップサイデリングとコロニアルです。
業社に見積を依頼したところ、外壁の塗料がロックペイント製でした。
新築してから18年、1度もリフォームをした事がありません。
塗料メーカーはロックペイントで問題ありませんか?

外壁塗料はユメロックの弱溶剤型NADシリコンウレタン樹脂塗料、
屋根はシャネツロック弱溶剤型の低汚染二液型NADシリコンウレタン樹脂塗料でした。
関西ペイントや日本ペイント製と比べて、著しく劣るということはないでしょうか?
業者は関西ペインや日本ペイントも入手は可能と言っていました。
関西ペイントや日本ペイントにした方がいいのでしょうか??

違反報告

質問への回答一覧2

  • fishlaboさん
    2018/05/25 15:25:11

    0

    築約18年で初めての塗装とのことですので、ベストな塗装仕様を推奨致します。
    まず外壁ですが、下塗りにファイン浸透シーラー(1回塗)、上塗りにファインシリコンフレッシュ(2回塗)をおすすめします。
    下塗りのエポキシ浸透タイプで下地との密着性を高め、上塗りは超低汚染高耐久アクリルシリコン仕様(超汚染機能+)がよろしいかと存じます。
    屋根は遮熱との事ですので、下塗りに遮熱機能を持たせたW遮熱効果のサーモアイシステムを。
    下塗りサーモアイシーラー(1回)、上塗りにサーモアイSi(2回)。コロニアル(屋根)は紫外線での劣化が著しい為、下塗りに外壁同様エポキシ浸透タイプ(下塗りに遮熱機能+)上塗りは遮熱シリコン屋根用塗料を推奨の下塗り・上塗り遮熱のW遮熱システムになります。

    メーカーは日本ペイントを推奨した仕様です。
    ロックペイントは自動車補修塗料の大手です。

    塗料も大事ですが、せっかくの良い塗料でも、職人さんの施工次第で発揮する性能も大きく変わってきます。
    塗装前の下地処理は充分か(高圧洗浄など)、塗装は必要缶数分必ず使用しているか(下塗り1回+上塗り2回分使用した料は的確か)、使用している塗料はちゃんと選定した塗料か(関係ない塗料=違う現場の余った材料を少し使用されるケースが稀にあります)こういった視点で施工現場を見ることも重要な要素の一つです。

  • dennyshさん
    2018/05/23 23:18:02

    0

    どうもシーリング(コーキング)の打ち換えの予算は取っていないようですね。
    シーリングは打ち換えしないと、あまり意味がないリフォームになりますよ。
    ラップサイディングなら、それ程大きい費用にはならないでしょう。
    依頼する業者を含め、もう一度よく検討することをお薦めします。

質問に回答する


匿名さん
未ログイン

※1,000文字まで入力可能

回答するにはログイン/会員登録が必要です!

ご登録メールアドレス
パスワード

(新規登録はこちら)

関連する質問一覧

外壁塗装の質問・相談をしてみる

外壁塗装の豆知識

新着の質問
新着の質問

FACEBOOK
当サイトのfacebookページ

質問・相談する