回答数
2
閲覧数
10人
0

デザイン性を損なわずに耐久性も備えた塗料選び

2022/08/10 11:55:39

このエントリーをはてなブックマークに追加

現在、築33年の一軒家に住んでおり、外壁を一度も塗り直していないので黒ずみやひび割れが気になっています。
もともとが白い壁で目立ちますし、時間も経っているので塗装したほうがいいですよね?
これを機会に室内や水回り、外構も大幅にリフォームして理想の家にしたいなと考えています。

全体のデザインをプロヴァンス風にしたいのですが、プロヴァンス風住宅の特徴といえば
やっぱりオレンジなど明るい色の壁だと思います。
ただ、明るい色だと現在の白と同様に汚れやすいのではないかなとう懸念があります。

汚れにくく耐久性があり、なおかつプロヴァンス風のデザインに合う塗料ってあるのでしょうか?
このような相談も、外壁塗装の会社さんに見積もりに来ていただく際に
相談してみてもよいものでしょうか…。

また、相見積もりの取り方に関しても質問があります。
適正な価格で施工してもらうためにも、複数の会社さんから見積もりをとるべきだと聞きます。
ただ、地元で施工してくれる会社がどのくらい、どこにあるのかまったくの無知で…

一括見積もりサイトを使って問合せてみるのはどうなのでしょうか?
ネットなどで調べた限りだと、連絡がたくさん来て困った、営業の電話がしつこかった、
現地見積もりの対応が面倒くさかったなど、あまりよくない口コミばかりでためらっています。

メールでのやりとりや概算見積りだけしていただくというのは難しいのでしょうか?
最初から2社くらいに絞って直接聞いてみるべきですか?

違反報告

質問への回答一覧2

  • こばそうさん
    2022/08/17 14:51:38

    0

    まずデザイン性も損なわず、耐久性もしっかりとしている塗料選びで1番大切なことは、どの素材に塗るのかというのをはっきりとさせるのが1番大切です。

    例えば、木に塗るならこの塗料が1番などというのがあります。

    コンクリートならこれというのを分けて塗料を塗るのが1番キレイに塗る方法です。
    これを怠ってしまうとキレイに塗ることが出来ないです。

  • m_mail7890さん
    2022/08/17 13:37:45

    0

    「現在のデザイン性のあるサイディングをそのまま活かしたい」とお考えで、
    建物の築年数が浅く、傷やチョーキング(外壁の粉化現象)が激しく出ていない場合であれば、
    透明の膜で保護をするクリヤー塗装をお勧めいたします。

    【クリヤー塗装のメリット】
    ・意匠性サイディングをそのまま活かせる。
    ・撥水性を向上させることができる。
    ・現在のイメージを崩さずに耐久性を向上することができる。

    【クリヤー塗装のデメリット】
    ・クリヤー塗装は透明の膜の為、傷や染みついてしまった汚れはそのまま見えてしまう。
    ・艶は出るが、大きく印象を変えられない。
    ・古いお住まいや劣化が激しい場合は、ムラになり、綺麗に仕上がらない可能性が高い。

    【クリヤー塗装に向いている素材】
    意匠性サイディング、コンクリート打ちっぱなしの外壁

    【クリヤー塗装に不向きな素材】
    金属系の外壁材
    光触媒のコーティングが施されている外壁材

    上記の点に気を付けてご希望や建物に合っているか見られてみてください。
    クリヤー塗装にも、色を付ける通常の塗料と同様にシリコン、フッ素、無機の種類が存在します。
    何年保たせたいかにより、お選び出来ますので、一度、塗装業者さんに相談してみましょう。

質問に回答する


匿名さん
未ログイン

※1,000文字まで入力可能

回答するにはログイン/会員登録が必要です!

ご登録メールアドレス
パスワード

(新規登録はこちら)

関連する質問一覧

外壁塗装の質問・相談をしてみる

外壁塗装の豆知識

新着の質問
新着の質問

FACEBOOK
当サイトのfacebookページ

質問・相談する