回答数
1
閲覧数
31人
0

今年で築10年になる自宅の外壁が旭化成のパワーボードなのです

2022/05/10 01:11:59

このエントリーをはてなブックマークに追加

今年で築10年になる自宅の外壁が旭化成のパワーボードなのですが、先日外壁塗装の見積もりを何社かから頂いたところ、ある業者はシールの打ち増しが必要とのことで、
またある業者は弾力が残っているので打ち増しせず、塗装をしてところどころにあるヒビは下塗りをパーフェクトフィラーでしたらよいとのことでした。
金額的には30,40万ほどの差があるのでできれば安く済む方でお願いしたいとは思っているのですが、シーリングの打ち替えは必要でしょうか。ひびがあると言われたのでできれば今すぐされた方がいいのでしょうか。
どなたかお教えいただけたら有難いです。

違反報告

質問への回答一覧1

  • aninoinoniさん
    2022/05/10 20:31:33

    0

    パワーボードの目地についてはシーリングで防水性が保たれているので目地をシールを打つのに厚みを持たせるのが一般的です。
    またサイディングでは打ち替えをしますが、パワーボードは打ち増しを行うのが普通です。

質問に回答する


匿名さん
未ログイン

※1,000文字まで入力可能

回答するにはログイン/会員登録が必要です!

ご登録メールアドレス
パスワード

(新規登録はこちら)

関連する質問一覧

外壁塗装の質問・相談をしてみる

外壁塗装の豆知識

新着の質問
新着の質問

FACEBOOK
当サイトのfacebookページ

質問・相談する