回答数
2
閲覧数
8人
0

長く使える塗料剤にはどんな性質があるのか?

2021/12/03 11:49:49

このエントリーをはてなブックマークに追加

外壁の塗装をしようと考えているのですが、メンテナンスとかも含めてできるだけ長く何もしないでもどうにか使えるようにできる、というような外壁塗装をお願いしたいです。

メンテナンスフリーとは言いませんがメンテナンスを自分ですることがあんまり必要のないもので最も長く使える塗料材というのは一体どういうものかというのを知りたいです。

また、どういうところに家があるのかということによって塗料材なんかも違ってくるのかというところも分かっていないのですがそういう部分もあるものなのでしょうか。

そしてそういう塗料剤に関してはどうしてもコストがかかってしまう気がしないでもないのですが具体的にそういうメンテナンスフリー、非常に長く使えるような塗料剤、というのはそうではない塗料材から見てどのくらいの価格差というのがあるものなのでしょうか。

またそういう塗料さんに関しては工事をする期間というのも長くなったりするものかというところも知りたいところのひとつです。

工事をしているときには、家の中にいない方がいいのかとか周りに何か気をつける必要性があるものとかそういう部分もかなり気になっているのです。

家の中にいた方がいい、いない方が良いというのは業者がに聞けば良いでしょうが例えばその塗料材を利用している時に室内にその塗料剤の匂いかなんかが入ってくることなんかもあるでしょうか。
要するにメンテナンスフリーで長く使える塗料剤の特徴、性質なんかを知りたいです。

違反報告

質問への回答一覧2

  • イチテペさん
    2021/12/06 18:03:29

    0

    外壁材の塗料には色んな材質がありますが、値段次第で耐久年数が異なります。

    一般的な塗料はシリコン系になりますが、耐久年数は10年から15年です。フッ素系や塗料の原料に無機物を加えた塗料はさらに耐久年数が伸びて15年から20年ほどになります。

    一番長く使いたいなら無機系の塗料を選ぶと良いですが、その分費用が多く発生するので、費用と耐久年数のバランスを見て、最適な塗料を選ぶといいと思います。

  • mspwさん
    2021/12/06 17:21:22

    0

    長く使える塗料材と言うとフッ素系とかピュアアクリル系が代表格のものになるわけですが特徴としてはとにかく水分に強いと言うことが多いです。

    塗装そのものや家にダメージを与える大敵のものというのが水分になるわけですが防水性能が高いというのが長く使えると塗料剤と考えておけば大丈夫です。

    熱などにも強く、ヒビなども発生しにくいのが長く使えるものです。

質問に回答する


匿名さん
未ログイン

※1,000文字まで入力可能

回答するにはログイン/会員登録が必要です!

ご登録メールアドレス
パスワード

(新規登録はこちら)

関連する質問一覧

外壁塗装の質問・相談をしてみる

外壁塗装の豆知識

新着の質問
新着の質問

FACEBOOK
当サイトのfacebookページ

質問・相談する