回答数
2
閲覧数
4人
0

先日、太陽光パネルの点検に業者が来た際に屋根が傷んでいるので

2021/09/15 04:21:42

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、太陽光パネルの点検に業者が来た際に屋根が傷んでいるのでカバー工法で葺き替えた方がいいと言われました。
スレート屋根で築15年弱なのですが、ひびが何か所かと苔も生えているとのことでした。
工事内容は太陽光を一旦取り外し、その後今の屋根の上から基礎、防水シート、鋼板をのせるとのことでしたが、築年数15年弱で施工するには少し早いようにも思うのですがどうでしょうか。
また足場を組むので大きな痛みはないが外壁も一緒にされた方がいいと勧められました。
一応見積もりを出してもらったのですが、光触媒の塗料、目地の補修も含め250万程度とのことでした。この金額は妥当なのでしょうか。
傷んでいるからと言われて工事した方がいいとは思いつつ、金額が金額だけに悩んでいます。詳しい方アドバイスをよろしくお願いいたします。

違反報告

質問への回答一覧2

  • thohohoさん
    2021/09/16 20:51:31

    0

    スレート屋根でしたら確かに10年を越えて15年位経つと防水性も落ちてきますので塗装が必要にはなってきますから、そろそろ塗装してもいい時期です。

    外壁塗装で50万前後、屋根の葺き替えで80~100万程度、多めに見積もっても200万を超えるのは高いかなと思います。

    苔や高圧洗浄などで取れると思いますし、一度別の業者にも屋根を見てもらって見積もりを出してもらってからでも遅くないと思いますよ。

  • depa.chamさん
    2021/09/16 03:14:30

    0

    太陽光の点検をされている業者からの見積もり金額ですよね。施工は恐らく下請けの方がされますので、高くなると思います。

質問に回答する


匿名さん
未ログイン

※1,000文字まで入力可能

回答するにはログイン/会員登録が必要です!

ご登録メールアドレス
パスワード

(新規登録はこちら)

関連する質問一覧

外壁塗装の質問・相談をしてみる

外壁塗装の豆知識

新着の質問
新着の質問

FACEBOOK
当サイトのfacebookページ

質問・相談する