回答数
1
閲覧数
5人
0

外壁塗料選びで最も費用対効果に優れた塗料とは?

2021/06/10 12:35:45

このエントリーをはてなブックマークに追加

外壁塗装の工事をそろそろ考えているのですが、ネットで調べてみると、様々な塗料の種類があり、どれを選べば良いのかわかりません。
塗料の価格の幅も広く、素人でも高額な塗料ほど、良い塗料なのだろうと推測できますが、実際には予算というものがあります。

だからと言って、安かろう悪かろうでは意味がないと考えています。
外壁塗装工事の場合、塗料の価格以外に足場の価格、一般的な工事費などが加わり100万円程度の費用が必要な大きな工事となります。
それにも関わらず、塗料選びを間違ったことで耐久性がなく、また、すぐに外壁塗装工事を行わなければならなくなると意味がありません。

そこで、一般的な家庭で選ばれていると言われる、アクリル塗料、ウレタン塗装、シリコン塗料、フッ素塗料には、どのような違いがあるのでしょうか。
また、同じ塗料でも、艶あり、艶消し、3分艶、5分艶などがあり、違いが全く分かりません。

そのほか、調べれば調べるほど、断熱塗料や遮熱塗料、ラジカル塗料、無機塗料、光触媒塗料など様々な種類の塗料が見つかります。
我が家としては、費用対効果に優れた塗料選びを希望しています。
多少、高くても耐用年数が長ければ、その結果、長期的な外壁塗装工事のスパンを考え、そのほうがお得だと考えるためです。

そこで、ズバリ、お聞きしたいのが、どのクラスの塗料を選ぶと、費用対効果が最も優れていると言えるのでしょうか。
今後、30年は住み続ける住宅であるということを踏まえ教えて頂けたらと思います。

違反報告

質問への回答一覧1

  • さん
    2021/06/14 12:07:37

    0

    外壁塗料の選び方について、全く知らない中で色々と調べてみた。
    まず大切なことは、家自体のことを把握し、希望と条件に合った塗料を選ぶことなのだそうだ。
    外壁の種類や家のおかれている環境、それに予算(コスパ)も重要である。

    やはり、単価が高い物ほど優れた機能であったり耐用年数が長いのだろうが、かけられる予算や将来性を見据えた際に折り合いがつかないと意味がない。
    家は継続的にメンテナンスをしていく必要があるため、1度塗り替えたら終わりではない。
    個人的には、家の環境(暑さ、寒さ、雪や雨の量など)と、どのくらいの頻度での外壁塗り替えを考えるかによって塗料を選ぶのが良いのではないかと思う。

    頻度があがってしまうが、コストがかからないシリコン系塗料を選ぶか、耐用年数を考えフッ素系塗料や無機塗料を選ぶか。

    最終的には自分の判断基準で「納得」できたかどうかが、最も費用対効果に優れた塗料ということになるのではなかろうか。

質問に回答する


匿名さん
未ログイン

※1,000文字まで入力可能

回答するにはログイン/会員登録が必要です!

ご登録メールアドレス
パスワード

(新規登録はこちら)

関連する質問一覧

外壁塗装の質問・相談をしてみる

外壁塗装の豆知識

新着の質問
新着の質問

FACEBOOK
当サイトのfacebookページ

質問・相談する