回答数
1
閲覧数
6人
0

経年劣化と日光による劣化

2021/06/10 12:31:19

このエントリーをはてなブックマークに追加

私は、一軒家を建てて三年目になります。

まだまだ外壁塗装をやり直すということはないと思っているのですが、いざ外壁塗装をしなおす時に費用がかかるために前もって考えておきたいと思うことがあります。

それは、我が家は南向きの部分に家が建っておらず、直射日光が結構当たります。

南側のベランダの床がすでに東側のベランダの床よりも劣化してきていると感じます。

なので、外壁に関しても南側は劣化が早いのではないかと考えています。

我が家は、土地自体が斜面になっているために、家を深基礎で作っているため、外壁塗装をし直してもらうときには足場を組むのも高さが必要です。

外壁塗装+足場を組む費用、たくさんの費用が必要になると思うので、今から内心ドキドキしています。

経年劣化で、いずれは外壁塗装をやり直すことになるとは思うのですが、何のトラブルもなく外壁塗装をし直すのは、だいたい何年おきくらいなのかと、我が家のように日差しによる劣化が強い場合はどのくらいで外壁のやり直しが必要になるでしょうか?

また、次に外壁をやり直すときには、日差しに強い素材のものがあれば良いなと考えています。

そのように、日差しに強い素材で外壁塗装をやり直すことはできるのでしょうか?

どのくらいで外壁塗装をやり直すのかという基準が素人のため分からず、見た目で判断できるのか、何年という区切りを付けてやり直しをしてもらった方がいのか、プロの考えを教えていただければと思います。

違反報告

質問への回答一覧1

  • LOVEさん
    2021/06/14 14:19:02

    0

    まず一般的に外壁塗装は10年ごとに行うのが標準だとされています。
    しかしおっしゃる通り、日当たりのいい側の外壁はそうでない外壁よりも劣化が早いです。

    このような外壁塗装を家の四方で均一にするとそれぞれに劣化の違いが出る可能性があって気になるというのであれば、業者と相談して一度の塗装工事で外壁を塗る回数を増やす必要があります。
    一般的には外壁塗装工事では一度に3回塗装するという決まりがあるものの、劣化が早い側の外壁については塗る回数を4回以上に増やすことで他の側の外壁と劣化の差が出ないようにすることが可能です。
    もちろんそれだけで心配であれば、劣化が早いと予想される側の外壁だけ塗料を耐久性の高いものにすることも可能です。

    そうすることで、他の側の外壁と同様に10年程度は持たせることが可能です。
    深基礎に関しては、どれくらいのものであるかは記載がないのでこの場では判断はしづらいです。

    しかし足場にかかる費用はどのような足場をどれくらい使うかということや足場を設置する面積によって決まることがほとんどなので、基礎が深ければ深いほど足場に関する費用がかかるものだと思っておいてください。

質問に回答する


匿名さん
未ログイン

※1,000文字まで入力可能

回答するにはログイン/会員登録が必要です!

ご登録メールアドレス
パスワード

(新規登録はこちら)

関連する質問一覧

外壁塗装の質問・相談をしてみる

外壁塗装の豆知識

新着の質問
新着の質問

FACEBOOK
当サイトのfacebookページ

質問・相談する