回答数
1
閲覧数
11人
0

利用できる期間に対する考え方

2021/05/11 12:25:06

このエントリーをはてなブックマークに追加

外壁の塗装ではどのくらいの期間利用することができるものになるのでしょう。

塗料剤と言ってもウレタンとかアクリルとかそれこそをフッ素系のものがあれば長く使えるのでしょう女使えれば使えるほど不安になってくるのが負担フォローというものであってそもそも壁の外壁塗装におけるアフターフォローや保証というようなものはどういうものがあるのでしょう。

塗り替えてくれるとかそういうことになるのかそれとも一部お金が返金されるみたいな感じになるのかというのがちょっとイマイチイメージする事がしにくいので一般的にはこういうことが多いみたいなことがあれば詳しく教えてください。

少しでも長く使いたいとは思っているのですがそれでも長く使えば使うほど保障に関することが面倒くさくなるみたいなことがあるのであれば5年ぐらいで塗り替えのスパンが来てしまうというようなものの方が手っ取り早くて、面倒くさいことにはならないのではないか、とも思っています。

その辺りに関する私見で問題ないので、どういう風に考えるべきかというのを知りたいです。

まだ遊ぶ10年間使える塗料なんかもよく見たりするのですがそれはノーメンテナンスでそこまで使えるということになるかどうかというのがちょっとよくわからないです。

結局のところ面接をしなければならないということになるのであれば短いスパンで乗り換えた方がお得なのではないかと思っています。
このあたりは実際どのような感じになるのでしょう。

違反報告

質問への回答一覧1

  • amechanさん
    2021/05/18 10:44:59

    0

    明確に塗料剤によって使える期間というのが違うわけですが当然ながら家の環境によっても数年前後することではあります。

    例えば雨風がよく当たりやすい所であるのかとか、日当たりもそうです。

    海風が当たるなんていうことがあったりしますと早く劣化するのは当然です。

    極端に劣悪な環境でない、外壁にとってよろしくない環境ではない、というのが利用できる期間の前提となっています。

質問に回答する


匿名さん
未ログイン

※1,000文字まで入力可能

回答するにはログイン/会員登録が必要です!

ご登録メールアドレス
パスワード

(新規登録はこちら)

関連する質問一覧

外壁塗装の質問・相談をしてみる

外壁塗装の豆知識

新着の質問
新着の質問

FACEBOOK
当サイトのfacebookページ

質問・相談する