回答数
1
閲覧数
5人
0

築36年の和風の戸建なのですが外壁のリフォームをする予定です

2020/11/20 11:35:52

このエントリーをはてなブックマークに追加

築36年の和風の戸建なのですが外壁のリフォームをする予定です。
今まで一回だけ塗り替えをしましたが、今その塗装が剥がれてきいます。
外壁にはガルバニウムやサイディングなどあるかと思いますが、それぞれのメリットデメリットを教えて頂きたのです。
現在の外壁は建てた当時に流行っていたサイデイングです。

違反報告

質問への回答一覧1

  • 桃太郎3.8さん
    2020/11/23 17:49:52

    0

    現在築36年位なのでしたら、外壁を剥がしてしまってから窯業系サイディングを張るのがいいと思います。
    剥がしてから防水シートを張ってから胴縁を打って張れば雨漏りなどの心配は必要ないでしょう。
    もし張替えをせずに上から張る場合は軽いガルバニウム鋼板をおすすめします。

質問に回答する


匿名さん
未ログイン

※1,000文字まで入力可能

回答するにはログイン/会員登録が必要です!

ご登録メールアドレス
パスワード

(新規登録はこちら)

関連する質問一覧

外壁塗装の質問・相談をしてみる

外壁塗装の豆知識

新着の質問
新着の質問

FACEBOOK
当サイトのfacebookページ

質問・相談する