回答数
3
閲覧数
28人
0

においの少ない塗料があるのか知りたいです。

2019/09/25 20:21:13

このエントリーをはてなブックマークに追加

もうすぐ自宅が築10年になる上外壁がかなり色褪せていることから、ぼちぼち外壁塗装をしたいと思っています。

ただ気になることがあり、私はにおいにとても敏感です。

かつて実家が外壁塗装を行った時、その最中に訪問したらにおいがかなりひどく、その日実家に宿泊する予定だったのがやむを得ず日帰りに急遽変更して帰宅したことがありました。

自宅でそのようなにおいの強い塗料を使用した場合、自宅にいることが耐えられなくなり体調を崩すのではと心配しています。

日中は私を含めて家族全員が外に出ているものの、外壁塗装を行っている時はもちろん終了後もしばらくはにおいが残ると実家から話を聞いたため、自宅に滞在が不可能になってしまうのかもしれないということも危惧しています。

またにおいに敏感なのは私のみならず、2人の子どもたちもとても敏感で状況によっては頭痛や吐き気といった体調不良を訴えることも少なくありませんし今後の健康にも影響を与えるのではないかという不安を持っています。

外壁が色褪せて築年数よりもはるかに古い外観になっているということで外壁塗装はしなければいけないと思っていますが、実際に外壁塗装を行う場合塗料の中でにおいの少ないものは選べるのでしょうか。

また選べるとしたら、最も使用が推奨される塗料よりも値段がどれほど違うのかそれが気になるところです。

体調の変化が起きないのであれば多少お金をかけてでもにおいの少ない塗料を選びたいです。

違反報告

質問への回答一覧3

  • 凛々さん
    2019/10/31 13:02:51

    0

    塗料はホルムアルデヒド発散など揮発物の危険性の度合いが「F」と星の数で示されていますので、外壁塗装で臭いがしにくい塗料を選びたい場合には、基準の1つとしてこの星の数が多いものを探すのがポイントです。

    また、シンナーを溶剤に利用している油性塗料は一般的に強い臭いを発しやすくなりますが、現在では耐久性がやや劣るものの、弱溶剤の水性塗料で高い密着性を得られるようになりました。

    つまり、臭いを避けて外壁塗装したい場合にはFの評価が最も高い4つ星で、かつ水性塗料のものを利用するのがおすすめになります。

    幸い、水性塗料は大手メーカーでも導入しているところが多く、手間をかけずに塗装できることから油性塗料よりも工賃が安めですので、お得に工事ができて臭いの問題も解消できるなどメリットが豊富です。

  • みんとすさん
    2019/10/31 11:08:14

    0

    外壁塗装を塗り替えるタイミングは使用する塗料によって異なるのですが、20年という外壁はかなり老朽が激しいことでしょう。

    破損が目立ってきているということなので、そのまま放置していると雨が室内に染み出てきたり、大きな地震がおきたとき危険です。

    最善の方法はできるだけ長持ちする、老朽しにくい塗料を選ぶことです。

    人気のシリコンはリーズナブルな料金が魅力ですが、耐久性を考慮して、安全性が高い無機塗料を選ぶと良いでしょう。

  • 壊星さん
    2019/10/21 23:22:54

    0

    一般的に外壁塗装には下塗り、中塗り、上塗りの3工程があり、においが気になる工程は、仕上げ用の塗料を塗布する、中塗りと上塗りの工程になるかと思います。この2工程において、よりにおいの少ない塗料を使用することをおススメします。




    においの基準はJISやJASの規定で定められており、においの元となるホルムアルデヒトの発散量で等級が決められています。発散量が最も少ない「Fフォースター(星4つ)」はそれだけにおいも少ないようです。また、シンナーなどの強溶剤が使用されている油性塗料に比べて、水性塗料はにおいが少ないといわれています。

質問に回答する


匿名さん
未ログイン

※1,000文字まで入力可能

回答するにはログイン/会員登録が必要です!

ご登録メールアドレス
パスワード

(新規登録はこちら)

関連する質問一覧

外壁塗装の質問・相談をしてみる

外壁塗装の豆知識

新着の質問
新着の質問

FACEBOOK
当サイトのfacebookページ

質問・相談する