回答数
2
閲覧数
5人
0

屋根、外壁塗装のためミタカ工房を含め数社か

2019/09/10 10:25:27

このエントリーをはてなブックマークに追加

屋根、外壁塗装のためミタカ工房を含め数社から見積もりを取った所、足場の面積が業者によって全然違いました。
最小212㎡〜最大376㎡
この違いはどこからくるのでしょう?

違反報告

質問への回答一覧2

  • dabidさん
    2019/09/13 09:54:34

    0

    その違いは、仮設足場を屋根のヒサシの高さで組むか、屋根のヒサシの上2m弱迄組むか、屋根全体も安全の為組むかだと思います。
    本来ならば、安全の為屋根の上全体に仮設足場を組むのですが、それをすると屋根の塗装が作業し難くなるとかの理由で、屋根の上の足場を省くのが多い。また仮設足場の費用を抑えようとして、屋根のヒサシまでだけの足場にする事もある。屋根の上で滑ったら、敷地外へ滑落する事になる可能性がないとは言えない。
    見積りで仮設足場の数量が一番少ない業者は、安全を蔑ろ(ないがしろ)にするところだと思っても良いと思う。

  • kidoさん
    2019/09/11 22:55:07

    0

    多くは壁平米で計算する業者さんもいますが、床平米で計算する業者さんもいます。
    床平米のほうが単価は高くなります。
    あと足場は消費者がわからみて、見積書の中で一番価格が比較しやすい項目です。
    なので意図的にそこだけ価格を安く見せている業者さんもいます。
    あまりお勧めできないですが。
    足場が安くて塗装作業の中身の価格が高いほうがよりいい塗装が期待できるという考え方です。

質問に回答する


匿名さん
未ログイン

※1,000文字まで入力可能

回答するにはログイン/会員登録が必要です!

ご登録メールアドレス
パスワード

(新規登録はこちら)

関連する質問一覧

外壁塗装の質問・相談をしてみる

外壁塗装の豆知識

新着の質問
新着の質問

FACEBOOK
当サイトのfacebookページ

質問・相談する