回答数
2
閲覧数
10人
0

このたび外壁、屋根の塗装を計画しているもの

2019/09/08 20:34:14

このエントリーをはてなブックマークに追加

このたび外壁、屋根の塗装を計画しているものです。
木の城しんせつを含む5社から見積もりしていただきました。
教えていただきたいのは、シーリング工事に関してです。
今、一番お願いしようと思う業者は、壁、サッシ周りすべて、うち替えをしたほうがいいとのことでした。
しかし、ほかの業者は、壁はうち替えで、サッシまわりはそれほど痛まないので、うち増しでいいとのことでした。
今日こられた、リホーム業者のかたは、サッシまわりは防水のためビニールが貼られており、むしろはがさないほうがいい、はがしてビニールがやぶれたらいけないといわれました。
もちろん、うち増しより、うち替えのほうが、費用は高くつきます。
どちらがいいと思われますか?

違反報告

質問への回答一覧2

  • ISAMUさん
    2019/09/11 22:52:05

    0

    外壁がサイデイングの場合の、シーリング材の役割を熟知していれば、おのずと答えが出てくるでしょう。シーリング材で防水している訳ではありません。
    シーリング業者さんにとっては、お気の毒ですが。

  • 上杉さん
    2019/09/10 10:30:09

    0

    今日こられた、リホーム業者のかたは、サッシまわりは防水のためビニールが貼られており、むしろはがさないほうがいい、はがしてビニールがやぶれたらいけないといわれました。
    それは嘘です。仕事欲しさの為に自分に都合の良い事を言っているだけです。嘘に惑わされないようにしましょう。
    御宅の外壁に使われているサイディングは、下地に透湿防水シートと言われている白い紙状の物を外壁全面に貼り、窓開口部には黒い防水テープを貼って内部に雨水が入らないように施工してから、サイディングを張りシーリングをしています。そのシーリングが劣化するのは当然ですから、リフォーム時に撤去打ち換えする必要はあると思います。例え下地に傷を付けるとしても、そこは黒い防水テープの上です。破ってはいけない白い透湿防水シートではありません。また黒い防水テープを誤って傷つけたとしても、シーリングを下打ちして補修すれば良いだけです。
    ココの回答者でも分かるように、窯業系サイディングのシーリングは、塗装業者に寄りけりで、撤去は要らないとか、するべきだとか意見は様々です。何故ならば、リフォーム業者は大体が塗装屋メインの商売で、シーリング工事は別専門業者に頼む必要が生じる為に、なるべくは頼みたくないと思っているところがあるのが事実。

質問に回答する


匿名さん
未ログイン

※1,000文字まで入力可能

回答するにはログイン/会員登録が必要です!

ご登録メールアドレス
パスワード

(新規登録はこちら)

関連する質問一覧

外壁塗装の質問・相談をしてみる

外壁塗装の豆知識

新着の質問
新着の質問

FACEBOOK
当サイトのfacebookページ

質問・相談する