回答数
2
閲覧数
4人
0

外壁塗装 ピンホールの対処を教えて下さい。

2019/08/11 17:42:25

このエントリーをはてなブックマークに追加

外壁塗装 ピンホールの対処を教えて下さい。
MIMAという業者に依頼し、4月に屋根外壁塗装をしました。全て終了し、職人さん達が引き上げた後に自分で見て回ると、
多数のピンホールを発見しました。特にサッシ廻りには多いです。
すぐに業者に訴えましたが、対応が悪く未だにやり直しはしてもらっていません。
8月になり、ようやくやり直し案を提出してきました。業者の案は 最善なのか、皆様のご意見を伺えますでしょうか?
当初の見積書で外壁は下塗りがニッペ アンダーフィラー弾性エクセルで、上塗りがニッペ パーフェクトトップでした。
①今回、ピンホール箇所の直しは、「手洗いによる清掃、再施工部分に水性カチオンシーラーを下塗り」と記載されています。
透明?のカチオンシーラーを塗っておしまい?上塗りは当然塗るよな?と疑問だらけです。
週明けに業者に確認はとりますが、まず知識と言うか、常識的な工程を知っておきたいので、質問させていただきました。
②元々、ピンホール部分は厚塗りになっており、深い深い穴です。その上からさらにカチオンシーラーと上塗りを塗ると、かなりの厚塗りになりませんか?

違反報告

質問への回答一覧2

  • 細川さん
    2019/08/13 17:42:37

    0

    足場を解体する前に仕上がり検査をしていれば、この様なことになる前に直せたはずです。サッシの塗装ラインは綺麗にでているので一応は手直しはまわっているみたいに思われます。 なぜ、ピンホールをそのままにしておいたのか施工業者の経験不足が感じられます。
    恐らくサッシ廻りの増し塗りを避けフィラーを見切りまで塗り込んでない可能性も考えられます。

    手直しは業者に任せても良いとおもいます、トツプでピンホールが埋まればの話ですが。

  • 浜野谷さん
    2019/08/12 23:38:58

    0

    サッシ廻りのアンダーフィラーと上塗り時のダメ込及び最終の養生テープの除去時に確認を行っていたらその場で補修できたと思います。
    ①今回、ピンホール箇所の直しは、「手洗いによる清掃、再施工部分に水性カチオンシーラーを下塗り」と記載されています。透明?のカチオンシーラーを塗っておしまい?上塗りは当然塗るよな?と疑問だらけです。
    ⇒カチオンシーラーは薄膜の透明ですがメーカーによれば白色も有ると思います。
    上塗りは当然塗ると思いますが、上塗りでピンホールに色は着きますので違和感は 無く成りますが穴までは埋まらないと思います。
    一番気になるのは補修箇所の色と廻りの色とが違和感が無く色が合うかです。
    ②元々、ピンホール部分は厚塗りになっており、深い深い穴です。その上からさらにカチオンシーラーと上塗りを塗ると、かなりの厚塗りになりませんか?
    ⇒カチオンシーラーは下地に含浸するタイプの下塗のため厚みは着きません、下地に塗膜が有る場合は含浸しないため垂れやすいのであまり厚く塗れません。上塗りも薄膜ですがやはり有る程度の厚みは着きますので、テープなどで塗り分けを行った場合よく見ると紙一枚程度の段差は出ますが遠目では判らないと思います。
    カチオンシーラーが透明な場合上塗りの塗り残しが有った場合カチオンシーラーが変色する場合が有りますので上 塗りの塗り残しが無いように塗装してもらって下さい。

質問に回答する


匿名さん
未ログイン

※1,000文字まで入力可能

回答するにはログイン/会員登録が必要です!

ご登録メールアドレス
パスワード

(新規登録はこちら)

関連する質問一覧

外壁塗装の質問・相談をしてみる

外壁塗装の豆知識

新着の質問
新着の質問

FACEBOOK
当サイトのfacebookページ

質問・相談する