回答数
0
閲覧数
40人
0

屋根も修理したい、やはり同時に外壁もリフォームした方が良いん

2017/09/26 17:20:59

このエントリーをはてなブックマークに追加

築20年になる建売住宅に住んでいます。近所には同時期に建てた家が4件ありますが、どの家もまだ外壁や、屋根のリフォームしたところはありません。

屋根は見た目にも大分古くなっていて、コケが生えて汚いのはわかるのですが、外壁はどうなっているともう塗り替え時期なのかがわかりません。

リフォーム業者さんからの広告や、勧誘電話が半端ないです。



リフォームした方に聞くと足場にお金がかかるため、屋根と外壁は同時にしたと言う意見がほとんどです。

屋根は確かに汚いのでなんとかしなきゃとは思っているのですが、やはり同時に外壁もリフォームした方が良いんでしょうか。

4件あるうち、誰もリフォームしていないので、なんとなくまだ大丈夫なのかなと思ってしまったりもします。



外壁塗装の対応年数を調べてみたら、一番高いものでも18年と記載があって、もうどれくらい対応年数を超えているのか想像もできません。

初期の段階でどの塗装を使っていたのかもわからないんですよね。



実際に対応年数を超えると見た目的にどんな状態になって、それを超えるとどんな不都合が生じるのか知りたいです。

まだローンも残っているので、できれば、ギリギリまで持たせたいと思っていますが、先延ばしする事によって、余計にお金がかかってしまうのも困りますので

素人でもわかる判断方法を教えていただければと思います。



それとどうせ塗り替えるなら今までとは違った色にしたいと考えてますが、元の色で選べる色は変わってくるのでしょうか。

今の色は、薄いグレー系です。

違反報告

質問に回答する


匿名さん
未ログイン

※1,000文字まで入力可能

回答するにはログイン/会員登録が必要です!

ご登録メールアドレス
パスワード

(新規登録はこちら)

関連する質問一覧

外壁塗装の質問・相談をしてみる

外壁塗装の豆知識

新着の質問
新着の質問

FACEBOOK
当サイトのfacebookページ

質問・相談する