回答数
2
閲覧数
6人
0

外壁塗装。ハイウィルを含め数件見積もりをと

2019/09/10 11:36:18

このエントリーをはてなブックマークに追加

外壁塗装。ハイウィルを含め数件見積もりをとり説明を聞いています。クリアー塗料のコーキングについて質問です。
クリアー塗料の後にコーキングをすると強いという業者←実際に施工して5年目の家は問題が発生していないと。YouTubeのクリアー塗料の現場も見ましたが先にコーキングしてから塗装していました。
クリアー塗料に限り、コーキングは後打ちになるという業者があります。先にコーキングして塗装はあり得ないと。
クリアー塗料の種類でも違うのでしょうか?現場のやり方とメーカーのやり方ではまた違ったりするのですか?

違反報告

質問への回答一覧2

  • スンソンさん
    2019/09/13 23:54:11

    0

    工務店を経営していますが、弊社でもコーキングは後打ちで化粧目地仕上げを行います。

  • 匿名さん
    2019/09/12 18:59:23

    0

    クリアー塗装の場合、シーリング(コーキング)は後打ちで行います。
    理由は、伸び縮みを繰り返すシーリングを先に打ち、その上に透明な塗膜を形成すれば、塗膜が完全硬化した後から徐々に白濁してしまうからです。
    日本ペイント ピュアライドUVプロテクトクリヤーの「施工上の要点及び注意事項」の4には「シーリング面は、マスキングテープなどで養生を行い、塗装を避けてください。シーリング面への塗装は、塗膜の汚染、はく離、収縮割れなどの不具合を起こすことがあります。」と記載されています。他のサイディング用のクリヤー塗料も同様の注意書きがあります。シーリングの上だけを完璧に養生することは事実上不可能です。したがって、シーリングは後打ちで行うのです。

質問に回答する


匿名さん
未ログイン

※1,000文字まで入力可能

回答するにはログイン/会員登録が必要です!

ご登録メールアドレス
パスワード

(新規登録はこちら)

関連する質問一覧

外壁塗装の質問・相談をしてみる

外壁塗装の豆知識

新着の質問
新着の質問

FACEBOOK
当サイトのfacebookページ

質問・相談する