知恵袋のような質問・口コミ投稿サイト 外壁塗装の知恵ノートTOP > 知識ノート > コケを放置すると危険!予防や定期メンテナンスの重要性!

コケを放置すると危険!予防や定期メンテナンスの重要性!


住宅街を歩いているとたまに外壁に青々とコケが発生している家を見かけたことはありませんか?
自分の家には、関係ないしかなり古い家だったら仕方がないのでは?と思っているそこのあなたは危険かもしれません。

もしも、ご自宅にコケが発生してしまったら結構ショックですよね。
見栄えもかなり悪くなるので、ショックを受けてしまうのは当たり前なのですが、コケが見栄えを悪くしてしまうだけではないのです。

コケが発生して放置していると、湿気を含みやすいコケは更なる外壁の劣化を進める大きな原因になる可能性があるのです。

この記事は、そんな外壁にコケが発生したら、しないようにするには、の対策を詳しくご紹介していきますので、最後までお付き合いください。

知っておこう。外壁のコケの除去方法

外壁のコケが発生してしまったら、どうすれば除去できるのか?
外壁の表面は基本的にかなり繊細なものです。

ですので、除去方法について知識を持っていない状態で安易に水洗いなどをしてしまうと、余計に外壁や塗膜を傷つけてしまい、更なる劣化の進めてしまう可能性があるのでここで正しい知識を身につけましょう。

まず、コケの除去方法には大きく分けて2つ方法があります。
それは業者に頼む方法と、自分で取り除く方法です。

そしてコケの除去は、外壁の塗装や劣化状況に詳しい専門の業者に依頼する方法が一番です。

もし、軽いコケならば自分で除去することも可能です。その方法は…

水拭きを柔らかいスポンジで

ほんの少しのコケしかない発生してない場合は、柔らかいスポンジで軽く水拭きをしましょう。
発生したばかりのコケならば、大体が除去できることでしょう。

けれど、コケの繁殖力はとても強いので、除去したと思っていても組織が少しでも残っていれば、再生してしまう可能性が大いにあります。

だからといって、硬いタワシやモップで激しくこするという行為は絶対にやめてください。
まだ大丈夫な塗膜までも傷つけて劣化を促進さえてしまい、保護機能や防水機能を失ってしまうことになりかねません。

あと、高い箇所に発生してあるコケの除去は転落の恐れがあるので、非常に危険です。
高い箇所の場合は、迷わずにプロの業者に依頼するようにしてください。

バイオ高圧洗浄で根っこから完全除去

ここからは業者に依頼する方法です。

外壁塗装には、外壁や屋根を高圧洗浄機で付着した土やホコリを水洗いで落とすという方法があります。

とても強い水圧で汚れを落とすことができるのですが、コケを落とす場合、完全に除去できない可能性があります。

そこで活躍してくれるのがバイオ高圧洗浄です。
バイオ洗浄液という特殊な洗剤を吹きかけたのち、時間をおいて水でコケ取り除いていくという洗浄方法です。

バイオ高圧洗浄は、何度も発生する頑固なコケや、広範囲に青黒く繁殖しているコケなどに有効です。

バイオ高圧洗浄は、個人で行うのは非常に困難なため症状が発生している場合は、即座に業者に依頼しましょう。

事前に守ろう!外壁のコケを予防する方法

ここからは、外壁にコケが発生する前に予防する方法です。

光触媒塗料を使用して塗装する

外壁に日光があたると化学反応が起きてカビやコケを死滅させる特徴があるのが光触媒塗料です。

しかし、外壁に発生するコケは基本的に光が当たりにくい場所に発生しやすい性質があるので、そもそも日が当たりやすいところにはコケができにくいです。

コケを死滅させることのできる塗料なのですが、予防方法としては的を得ているか難しいところです。

藻やカビが発生しにくい塗料を選ぶ

塗料の中には、カビや藻を発生するのを防ぐものがあります。

コケもそもそも汚れと同じですので、コケの胞子が付いた段階で予防してくれる塗料を塗ることが対策になります。

ですが、一度塗ればおしまいということではなく、定期的にメンテナンスをしなければならないので注意しましょう。

バイオ洗浄をする

外壁のコケの除去方法でおすすめさせていただきましたバイオ高圧洗浄。

バイオ洗浄には、コケを除去するだけでなく予防する効果もあります。
目では確認できないコケを完全に取り除いておくことが最大の予防法となりますので、バイオ洗浄での予防はおすすめです。

外壁材を金属系に替える

外壁は、凹凸が多いと湿気を逃がしにくくなり、コケが発生しやすくなります。

ので、外壁を平面の多いフラットなものにして水はけを良くすることができればコケの予防につながります。

金属系の外壁材ですと表面がフラットなので、水はけがよく乾きやすいのでコケの発生を予防することができます。

しかし、この方法はコストがかかる上に、家の見た目も変わってしまうので、なかなか行いにくい方も多いと思います。
逆に外観を変えてみたかったという方にはベストな方法だと思いますので、費用を相談して検討してみてはいかがでしょうか。

コケが繁殖しやすい季節を知る

コケは、湿気の多い春や夏に繁殖しやすく、乾燥している冬には繁殖しにくくなります。

ということは、湿気の多くなる春や夏が到来する前に、外壁をチェックして防水性の高い塗料を塗装するなどのメンテナンスをしておくことはかなり有効です。

秋にも繁殖するものもあるので、コケの種類を知り活性化する前に予防をすることも大事なひとつです。

そもそもコケはなぜ発生するの?

外壁にコケが発生してしまう原因は、さまざまですが大きく分けて3つです。

水が多い環境が近くにある

自然が多いエリアには、コケが発生しやすいです。

川や田んぼなど水が多いエリアでは、気温が上昇し水分が蒸発するため、その水分が外壁に付着しコケの発生原因になります。

水分はコケのエサとなるので、水の多い地域が近いと水が飛んでくる→外壁に水分がつく→コケのエサがたくさん→コケの胞子が壁に付着→発生という流れが生まれてしまいます。

経年劣化による塗料の耐久性の低下

新築や塗装したての家は、防水性や防カビ性が高い状態なので、コケが発生しにくい状態にあります。

ですが、築5年以上経過して経年劣化が進むと、塗料や外壁材の防水性、防汚性が弱くなりコケの発生しやすい状態になってしまうことも。

家の室内と室外の温度差が高いこともコケの生える原因になります。

コケの胞子を飛ばす樹木が近くに生えている外壁や家は、風に乗ってコケが付着しやすくなります。

1本だけ生えているなど、植物の量がそこまでないのならリスクは高くないですが、周辺に整理されてない雑木林などがあると要注意です。

まとめ:コケは見た目も悪いし外壁劣化のサイン

外壁にコケが発生してしまうと美観を損ねるだけでなく、外壁が劣化しているサインになります。
放置していると更なる劣化引き起こすやっかいな存在です。

ので、外壁にコケが少しでも発生したら早く対処するようにしましょう。
一度広がったら完全にコケを除去するのは困難になるので、業者に依頼して正しい対処をしてもらうことをおすすめします。

自分で除去できそうなものでも、正しい方法でしっかりと除去するようにしてください。
大切なのは適切な処置と予防です。

ご自宅の外壁材に適した方法で、しっかりと根っこから除去をして今後発生しにくい環境をつくるように心がけてください。

外壁塗装の質問・相談をしてみる

アクセスランキング

  1. 1
    10
    回答
    0
    4290人
  2. 2
    5
    回答
    46
    3808人
  3. 3
    10
    回答
    0
    3057人
  4. 4
    2
    回答
    0
    2644人
  5. 5
    3
    回答
    2
    2613人
  6. 6
    5
    回答
    4
    2585人
  7. 7
    2
    回答
    1
    2280人
  8. 8
    4
    回答
    0
    2151人
  9. 9
    2
    回答
    0
    2040人
  10. 10
    3
    回答
    0
    1928人

新着の質問一覧

  1. NEW
    0
    回答
    0
    0人
  2. NEW
    0
    回答
    0
    0人
  3. NEW
    0
    回答
    0
    0人
  4. NEW
    0
    回答
    0
    0人
  5. NEW
    0
    回答
    0
    1人
  6. NEW
    0
    回答
    0
    2人
  7. NEW
    1
    回答
    0
    4人
  8. NEW
    1
    回答
    0
    3人
  9. NEW
    1
    回答
    0
    6人
  10. NEW
    1
    回答
    0
    2人

外壁塗装の豆知識

新着の質問
新着の質問

FACEBOOK
当サイトのfacebookページ

質問・相談する